稲岡龍之介(いなぷぅさレモン)はTUTAYAで住所入手?住居侵入も?自警団も結成!

山口真帆さんの暴行事件から、今まで闇に包まれていた事柄が明らかになってきていますね。

 

そして、事件に関与した疑いで稲岡龍之介の名前が上がってきましたが、ファンの間では『厄介ヲタク』と呼ばれており、過去には劇場から出入り禁止を言い渡されておりました。

 

稲岡は犯人とグルで住所も把握しており、他のアイドルの電話番号も知っているとの噂もあります。

 

今回は、稲岡が住所を入所した方法や、住居侵入など調査してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

いなぷぅさレモンと山口真帆の関わり

山口真帆さんの暴行事件が徐々に解明されてきており、『稲岡龍之介』の名前が浮上しております。

 

 

稲岡龍之介は、アイドルのファンの間では『厄介ヲタ』として有名な人物で、調べてみると『いなぷぅさレモン』というアカウントで様々な犯罪を匂わせる投稿がありました。

 

NGT48オフィシャルサイトでは、山口さんの暴行事件の実行犯ではないが、事件に関与していたファンの男1名も運営側で確認されたと発表しており、この人物が稲岡なのではと噂に。

 

熱烈なファンで、運営のお気に入りとも噂がある稲岡龍之介は、山口真帆さんが謝罪をした時も劇場に足を運び最前列で寄声を発したようです。

 

 

犯人が最前列にいて、寄声もあげていて、山口さんは相当怖い思いをしたはず。

 

運営側は、犯罪に関わった3名の男達についてグループ内での公演、握手会、イベント等へは一切参加できない対応をしているとも発表していたのに、稲岡はなぜ退場にならなかったのか調べてみました。

 

稲岡龍之介の出禁は解除になったの?

山口真帆の暴行事件に関わった3名の男性は、NGT48のグループ内での公演、握手会、イベント等へは一切参加できないはずなのに、稲岡が劇場にいたのは、出禁の解除ではなく『自警団』として警護していたようです。

 

 

稲岡は山口さんの暴行以前に『厄介ヲタク』として劇場スタッフから出禁になっておりました。

 

 

しかし、劇場支配人である今村悦朗さんのお気に入りで可愛がられており、今村支配人が就任後に稲岡の出禁を解除したようです。

 

スポンサーリンク

 

住所入手目的でツタヤとゲオに勤務

以前から迷惑行為を行っていた稲岡龍之介は、NGT48を含めたアイドルの住所を得るためにツタヤとゲオでバイトをしておりました。

 

2013年11月には『ツタヤ定員になってピピッと名前調べるだけで住所と履歴みれるようになりたいなー』とTwitterで投稿し、約3年半後の2017年5月には『推しメンの住所調べるためにTUTAYAとゲオで3日ずつ働きます』とツイート。

 

 

入手した住所を販売しているので、自身の推しメン以外にも多くのメンバーを把握しているのでしょう。

 

そんなに簡単に個人情報が取られるなんて、利用も怖くてできなくなってしまいますよね。

 

顧客の情報漏えいやコンプライアンス問題など、企業側にも今後問題や会見が追求されるのではと感じました。

 

住居侵入?逮捕されないの?

個人情報を入手して売買していた稲岡龍之介ですが、監視カメラやマンションのオートロックの解除方法まで把握しておりました。

 

 

管理を任されていたとの情報もありますが、なぜ知っていたのかは分かっておらず、ハッキングなどもできてしまうことも考えられなくはありません。

 

それから、稲岡は自身のTwitterアカウント『いなぷぅさレモン』にて、AKBの北澤早紀さんと元AKBの大島涼花さんの部屋に侵入してベッドで撮影している姿を投稿しておりました。

 

 

本当に本人の部屋でベッドなのか真実を検証することは難しいですが、マンションのオートロックの解除方法を知っているようなので、稲岡が開けて侵入したことも考えられます。

 

住居侵入罪で逮捕される可能性もあるのですが、画像だけでは証拠として不十分なので警察も逮捕できないのかもしれません。

 

それにしても勝手に入られて、ベッドでくつろがれて、気持ち悪すぎるし本当に怖いですよね。

 

スポンサーリンク

 

稲岡龍之介がNGT自警団を結成

現在、稲岡龍之介は『NGT自警団』を結成し、メンバーを守るために劇場や自宅周辺の見回りを行い、不審者への声かけ運動を実施しております。

 

 

山口真帆さんの暴行事件に関与して、アイドルの住所をツタヤやゲオから入手して売っている人物の方が危険…。

 

危険な人物に身の回りをウロウロされて、NGT48のメンバーも気が休まらないと思います。

 

 

劇場の最前列で自警団として稲岡の姿があったことから、運営も黙認している様子が伺えますが、新たな犯罪が起きる前に止めさせて遠ざけて欲しいと思いました。

 

まとめ

 稲岡龍之介は、個人情報漏えいや、顧客情報売買、不法侵入など匂わせる投稿をしており、犯罪に手を貸している可能性がありました。

 

モラルやマナーを守り、事件が再発しないことを願います。

 

稲岡の犯罪が浮上しなければ、TUTAYAやGEOのセキュリティやコンプライアンス等も気にならなかったのですが、店員に悪用される可能性があるのはとても怖いですよね。

 

今後、TUTAYAやGEOも何か謝罪などがあるのかも注目していきたいと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です