池江璃花子が白血病で余命や復帰時期は?病状や症状をわかりやすく!

池江璃花子,池江選手,白血病,水泳,競泳,余命,復帰時期,病状,症状,日本選手権,休養,治療,がん,癌,癌治療,

水泳・競泳選手の池江璃花子選手が、白血病になり、休養をとることを発表しました。

 

池江選手は、将来も期待されていたので、また絶対復帰してほしいですよね。

 

今回は、池江璃花子選手の現状や復帰時期、病状や症状などをまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

池江璃花子が白血病で休養

池江璃花子,池江選手,白血病,水泳,競泳,余命,復帰時期,病状,症状,日本選手権,休養,治療,がん,癌,癌治療,

 

水泳・競泳選手の池江璃花子選手が、白血病と医師に診断されたことを2019年2月12日(火)に公表しました。

 

 

池江選手は、2019年1月18日(金)より合宿のため、オーストラリアに行っておりました。

 

2月10日に帰国予定でしたが、体調不良のため2月7日に予定より早く帰国することを2月7日に発表。

 

帰国後に受けた検査では、『白血病』と診断され、池江選手自信もまだ病状を受け入れられておらず、混乱していること現状の気持ちを明かしました。

 

池江璃花子の余命と年齢

池江璃花子選手の余命は報じられておりませんが、本人はSNSで下記のように発言しておりました。

 

『しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。』

 

病院で診断を受け、主治医の方から病状や治療方法などの説明があったと思われるのですが、『しっかり治療をすれば治る病気』ということは、当然放っておけば悪化したり、治療を放棄した場合の余命などの説明もあったのではないでしょうか。

 

白血病の余命について調べてみると、余命を言い渡されたが抗がん剤治療で完治した方や、長く生きた方もいました。

 

 

池江璃花子,池江選手,白血病,水泳,競泳,余命,復帰時期,病状,症状,日本選手権,休養,治療,がん,癌,癌治療,

『白血病は、しっかり治療をすれば完治する病気です』

 

それから、治療をすれば治るということは、初期の状態で発見できたということかなと感じました。

 

体調が思わしくなくて病院に行ったら、『白血病』と想像もしてい診断を聞かされたら、私もすごくショックを受けてしまいます。

 

池江選手は、2000年7月4日生まれで、現在18歳と若く、才能もある選手のでとても切ない報告でだし、自信の病状を公表したのも、辛かったと思うし、たくさんの勇気が必要だったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

池江璃花子の復帰時期は?

池江璃花子選手は、2009年4月から開催される日本選手権水泳競技大会へ出場する予定でしたが、断念せざるを得なくなってしまいました。

 

白血病の治療が必要なため、池江選手は休養しますが、復帰時期はまだ検討がついておらず発表されておりません。

 

病気との辛い戦いになると思いますが、しっかりと治して、元気な姿で復帰し、またプール上で輝いて欲しいと思っております。

 

みんなの声

 

スポンサーリンク

 

白血病の病状や症状

池江璃花子,池江選手,白血病,水泳,競泳,余命,復帰時期,病状,症状,日本選手権,休養,治療,がん,癌,癌治療,

白血病は、血液のがんです。

 

白血病は、血液内で起こる『がん』という病気のことで、血液細胞が骨髄でつくられる過程で、『がん』になってしまいます。

 

がん化した細胞が増殖すると、正常な血液細胞が減少していまい、貧血、免疫系のはたらきの低下、出血などの症状が現れるようになります。

 

白血病は血液のがんです。

 

血液細胞には赤血球、血小板、白血球がありますが、これらの血液細胞が骨髄でつくられる過程で、がんになります。

 

がん化した細胞(白血病細胞)は、骨髄内で増殖し、骨髄を占拠してしまいます。そのため、正常な血液細胞が減少し、貧血、免疫系のはたらきの低下、出血傾向、脾臓(血液を貯蔵しておく臓器)の肥大などの症状があらわれます。

日本では、1年間に人口10万人あたり、男性で11.4人、女性で7.9人の割合で白血病と診断されています(2011年のデータ*)。

白血病は、がん化した細胞のタイプから「骨髄性」と「リンパ性」に分けられ、さらに病気の進行パターンや症状から「急性」と「慢性」に分けられます。

出典:国立がん研究センターがん対策情報センターhttps://ganclass.jp/kind/cml/what/より

 

まとめ

池江選手の突然の告白に驚きましたが、一番驚きとショックをうけているのは本人のはず。

 

大会出場を目指して頑張っておりましたが、今はご自身の体調だけを考えしっかりと治して、また元気でかわいい笑顔を見せていただきたいですね。

 

辛い治療になるかと思いますが、完治を信じて応援をしたいと思います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です