出典:http://www.tapthepop.net/extra/33516より

 

FIFAワールドカップ2018で、選手入場の時と、ゴールが決まった時に流れる曲があります。

この曲は、『Seven Nation Army(セブン ネイション アーミー)』というタイトルです。

The White Stripes(ザ・ホワイト・ストライプス)というアメリカ合衆国出身の2人組が歌っております。

W杯を観ていると、Seven Nation Army(セブン ネイション アーミー)が耳から離れなくなってきませんか。

歌ったり口ずさんでみたいけど、英語の歌詞をそのまま見てもいまいち上手に歌えませんよね。

そこで、今回は日本人にも歌いやすくなるように、カタカナで歌詞を書いてみました。

スポンサーリンク

 

W杯2018で入場時とゴールが決まった時に流れるSeven Nation Army(セブン ネイション アーミー)の曲と英語の歌詞が話題に!

FIFAワールドカップ2018で、選手入場の時と、得点を獲得した際に流れる曲があるのですが、この曲は『The White Stripes(ザ・ホワイト・ストライプス)』というアメリカ合衆国出身の2人組が歌う『Seven Nation Army(セブン ネイション アーミー)』です。

実は、サッカーファンの間では原曲よりもEURO2012/2016のRemixの方が人気があったりします。

こちらが、『Seven Nation Army(セブン ネイション アーミー)』のEURO2012/2016のRemixバージョンです。

ユーロバージョンだけあって、リズミカルでノリの良い曲ですね。

The White Stripes(ザ・ホワイト・ストライプス)は、現在活動を休止しております。

W杯の『Seven Nation Army』が収録されているアルバムはこちらからどうぞ。

 

 

そして、こちらが『Seven Nation Army(セブン ネイション アーミー)』英語の歌詞になります。

I’m gonna fight ‘em all
A seven nation army couldn’t hold me back
They’re gonna rip it off
Taking their time right behind my back
And I’m talking to myself at night
Because I can’t forget
Back and forth through my mind
Behind a cigarette
And the message coming from my eyes
Says leave it alone
Don’t want to hear about it
Every single one’s got a story to tell
Everyone knows about it
From the Queen of England to the hounds of hell
And if I catch it coming back my way
I’m gonna serve it to you
And that ain’t what you want to hear
But that’s what I’ll do
And the feeling coming from my bones
Says find a home
I’m going to Wichita
Far from this opera for evermore
I’m gonna work the straw
Make the sweat drip out of every pore
And I’m bleeding, and I’m bleeding, and I’m bleeding
Right before the lord
All the words are gonna bleed from me
And I will sing no more
And the stains coming from my blood
Tell me go back home
 
引用:グーグルサーチコンソール
スポンサーリンク

 

『セブン ネイション アーミー』を日本人にも歌いやすく歌詞を和訳でカタカナ読みに!

英語のままだと歌いづらい『Seven Nation Army』を日本人にも歌いやすく、さらにカタカナで歌詞を書いてみました。

それでは、『セブン ネイション アーミー』のカタカナ読みをどうぞっ!

原曲も載せておきますね。

 

アイゴナ ファイテムオー

アセブン ネイション アーミー クドゥント ホールミーバック

ゼイ ゴナリッピッオブ

テーキング ゼッ タイム ライッビハインド マイバック

 

エンディム トーキングトゥマイセルフアッナイト

ビコーズ アイキャント フォーゲット

バッカンド フォース スルー マイマインド

ビハイド ア シィガァレット

エンディ メッセージ カミンフローム マイ アーイズ

セイズ リベリッド アローン

 

ドン ワナー ヒアバウイット

エブリ シングル ワンズ ガッァ ストーリィトゥテル

エブリワン ノウゼッ バウトゥイットッ

フロム クインオブ イングラントゥ ダ ハンドズオブヘル

 

エンディフア ケッチッ カミング バック マイウェイ

アイムガナ セーヴィットゥーユー

エンザッチイント ウォッチン ウォンツーヒアー

ブァッザッツ ファッダイル ドゥー

エンディ フィーリング カミング フロム マイ ボーンズ

セイズ マイドゥァ ホーム

 

アイム ゴーナー ウィッチッター

ファー フロームディス オポロフォ エヴェッンモア

アイム ガナ ワークディストロウ

メイク スウェッ ドゥェッ ヴァラ エブリポォァ

レンダ ビーリンエナビーリンエナビーリング

ライビフォアダ ロード

オール ワーズアゴナ ビードフロムミー

エンアイウォ シングノーモア

エンディ ステインズ カミング フロム マイ ブロード

テルミー ゴーバック ホーム

 

まとめ

どうでしたか?

歌えるようになりましたか?

曲はゆっくりめなので、歌いやすい方じゃないのかなと思いました。

しかし、英語の曲って英語の歌詞をそのまま見ていても、追いつけなかったり、歌詞と違う風に聞こえたり…上手く歌えないですよね。

なんでそうなるの?って私も昔は思っていました。

実は外国の方って歌いやすいように、省略したり歌っていない(無声)箇所が頻繁にあるからなんです。

でも、日本の曲でも同じ現象が起きていて、例えば『私』という歌詞が『あたし』とかに聞こえるときありませんか?

あと、サザン・オールスターズさんは歌い方に特徴があるから、歌詞を見ないで聞くと何言ってるのか分からなかったりしませんか?

そんな感覚が、海外でも起きているだけなのです。

W杯の試合はまだまだ続き、これからも流れるので、楽しんで聞いてくださいね。

スポンサーリンク