5月14日よる10時、しゃべくり007に、俳優の阿部寛さんが初登場しました。

阿部さんは、神奈川県横浜市出身の身長189cmと高身長のとても人気のある俳優さんです。

1964年6月22日生まれで、現在53歳なのですが、50歳をすぎているとは思えない、鍛えられた美ボディーの持ち主!

今や人気俳優さんですが、実は男性向けファッション雑誌、MEN’S NON-NOのでモデルとしても活躍しておりました。

 

スポンサーリンク

阿部寛さんの知られざるプライベート

しゃべくり007では、”プライベートライフ解禁!”ということで、また新たな阿部さんが発見できましたね。

阿部さんのプライベートライフと耳にし、思い出したのが、”櫻井・有吉THE夜会”に出演した時のこと。

『物が捨てられない』と言う悩みを打ち明け、加湿器が10台、テレビも捨てられずに溜まっていると告白しておりました。

そして1番溜まっていて困っているものが、ベッド!

何やら自宅にベッドが8個か9個ほどあるとかで、櫻井くんも有吉さんも驚いておりました。

私には想像がつきません。

どんだけ広いお家なのか気になりますね。

 

さて、そんな一面もある阿部さんの大好きな場所はホームセンター

3時間くらいはいれるようですよ。

3時間!?と一瞬驚きましたが、ホームセンター好きな友達に魅力を教えてもらったら納得しました。

逆に、3時間でいいの?1日あっても足りないのでは?と思ってしまいました。

 

ホームセンターの歴史、専門的な品揃えと利便性

今から約40年以上前、郊外型ホームセンターが誕生し、日常雑貨がリーズナブルな価格で買えようになりました。

店舗も徐々に増え、数年後には大型化が進み、日常雑貨から趣味のものまで、品揃えも増えてきました。

しかし徐々に経営の効率を高めるために企業再編化が進み、くろがねやはスーパーデポという超大型店がオープン。

品揃えは良いけど、広すぎて欲しいものを簡単に取得できるという利便性が損なわれ、逆に、もっと小回りがきくコメリなどの小型店舗が増えてきました。

しかし、実はホームセンターは都会にはあまりありません。

車を持たない人が多い東京ではホームセンターが見当たり難く、ネジ一本買うのも一苦労するようです。

 

ホームセンターおすすめNo1”ジョイフル本田

千葉ニュータウンにある”ジョイフル本田は、日本一の売り場面積を持ち、東京ドーム約4個分ほどあるとのこと。

もはや1日では周りきれない広さなのではないのでしょうか。

そしてさらに驚いたのが、ペット専用カートがあること!

この専用カートに入れると、ペットと一緒にお買い物をすることが出来るようです。

大切な家族の一員を置いてけぼりにすることもないし、目の届く側にいられるので、安心できますね。

 

他にも驚きのホームセンターはあり、長野を中心に展開する綿半スーパーセンターは、スーパーマーケットとホームセンターが合体したカテゴリーになっているようです。

今後は、このように合体を目指しリニューアルを予定している店舗もあるとか。

スーパーとホームセンターは、それぞれ得意分野を持っているから、今後この形態は顧客に支持されて増えていく可能性もあるようです。

スポンサーリンク

まとめ

今ではホームセンターで電気製品や米や薬も売られているのが常識になっていますよね。

でも、まさかホームセンターが、こんなにも進化しているとは思っていませんでした。

ちょっとふらっと楽しめる…そんな場所になりつつあろうとしているようです。

今後どのような展開をしていくか、注目していきたいと思います。

 

スポンサーリンク