無料でグッド・ドクターを視聴する 

 

2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』がスタートしました。

 

このドラマは、山崎 賢人(やまざき けんと)さん主演で、自閉症スペクトラム障害でサヴァン症候群の青年・新堂湊が、小児外科医を目指し成長していく姿を描いたヒューマンドラマです。

 

第1話は、病院の役員やスタッフから反対される中、医師として初日を迎えた湊。

 

コミュニケーション能力が低いために誤解をされてしまいますが、患者に対する思いに職員や保護者が心を動かされており、観ていて感動しました。

 

今回は、グッド・ドクターの1話の予告やあらずじとネタバレと、ゲスト出演した母親の柏木祥子(しょうこ)と子役のまさきくんについてなどをまとめていきたいと思います。

 

グッド・ドクターを視聴する

スポンサーリンク

 

1話のゲスト母親とまさきとは誰?

1話のゲストで出演した、子役のまさきくんと、母親のしょうこさんを紹介したいと想います。

 

まさきくんを演じたのは、嶺岸 煌桜くん、

母親・柏木祥子(しょうこ)を演じたのは安藤 聖さんです。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

母親役 安藤聖さん プロフィール

出典:https://matome.naver.jp/odai/2130538027409679001より 

名前:安藤聖

読み方:あんどう せい

生年月日:1983年12月25日

星座:やぎ座

血液型:AB型

出身:東京都

大学:法政大学国際文化学部卒業

 

1990年、ミュージカル『アニー』で舞台デビュー。

 

その後、『おはスタ』でおはガールとしてテレビ出演。

以降、テレビドラマ等、テレビ出演が主な活動となります。

 

主な出演作品

新・天までとどけシリーズ(1999年~2004年) 次女・杉本千佳役

ロング・ラブレター〜漂流教室〜(2002年) 川和ハツ子役

ハロー張りネズミ(2017年) 川田美保役

 

グッド・ドクターを視聴する

 

まさきくん役 嶺岸 煌桜くん プロフィール

出典:https://www.theatre.co.jp/より

名前:嶺岸 煌桜

読み方:みねぎし あきら

所属:テアトルアカデミー

生年月日:2011年10月8日

星座:てんびん座

身長:110.0cm

趣味特技:英語 器械体操

 

嶺岸煌桜くんは、今年(2018年)1月に日本テレビ系で放送されたドラマ『トドメの接吻(キス)』で、主人公の堂島旺太郎(山崎堅人)の弟、堂島光太の子役を演じておりました。

 

山崎さんとは以前も共演していたことがあったんですね。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

グッド・ドクター 1話の予告と無料の見逃し配信期間

第1話は、新堂湊が初出勤日を迎えます。

しかし、病院へ向かう途中で事故現場に遭遇し、処置をして遅刻してしまいます。

 

記憶力は抜群だけどコミュニケーションが苦手湊は、職員や患者の保護者とトラブルが絶えません。

 

研修医として受け入れることに未だ反対する声もあり…

 

1話を見逃してしまった方、もう一度見逃し配信で見たい方は、ドラマ放送終了後から、2018年7月19日 20時59分までFODで無料配信しております。

 

グッド・ドクター1話を無料視聴する

 

グッド・ドクター第1話の主なキャスト

新堂 湊 山﨑 賢人 主人公で医師を目指す
瀬戸 夏美 上野 樹里 湊の指導医
高山 誠司 藤木 直人 小児外科のエース
間宮 啓介 戸次 重幸 小児外科長
橋口 太郎 浜野 謙太 看護師
東郷 美智 中村 ゆり 理事長
司賀 明 柄本 明 院長
猪口隆之介 板尾 創路 副院長
まさきくん 嶺岸 煌桜 小児科の入院患者
しょうこさん 安藤 聖 まさきの母親

 

グッド・ドクターを視聴する

 

グッド・ドクター 1話あらずじネタバレ

病院勤務に張り切る湊だが、トラブルが絶えず周りのスタッフは振り回され気味。

 

学校へ行くのを楽しみにしていた少年に『しばらくは退院できません』と言って母親を怒らせてしまったり…。

 

さて、それでは第1話の内容をネタバレしていきたいと思います。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

回想シーン 兄の存在

自閉症スペクトラム障害を持つ新堂湊(山崎 賢人)は、子供の頃いじめにあっていた。

しかし湊の兄は、いつも湊の側にいて味方でいてくれた。

 

その日も、湊は海辺で複数の子どもからいじめを受けていたが、兄が走って助けに来てくれたのだった。

 

『ほら湊、秘密基地行くか。』

兄と手を握り嬉しそうな湊は、いつもの秘密基地へ行く。

 

『湊おまえはバカなんかじゃない。すごいんだぞ。』

湊を慰めながら、兄は彫刻刀を手に取り、机の上で木を彫り始めた。

 

『おまえなら医者にだってなれる。頭だって良くないとなれないし、すごいって尊敬されるんだぞ。』

 

そいうと、完成した木製のメスを湊に渡したのだった。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

大人になった湊の初出勤日

朝の通勤時、大人になった湊はバスに乗り、病院へと向かうのだった。

 

今日は勤務初日。

その手には、木彫りのメスを大事に持っている。

 

終点の新宿中央口でバスを降り歩き始めると、後ろで事故が起こり、少年が落下物の下敷きになって倒れていた。

 

医者だと名乗る男性が圧迫止血をして応急処置を始めようとするが、湊が止に入る。

 

『だめです。それではすぐ死にます。』

『子どもなので強く抑えると圧迫されます。軽くです。』

 

湊は男性に変わり、軽く抑え止血を始める。

 

そして、まるで頭の中に本が入っているかのよに、子どもの病状と過去の応急処置の事例を、瞬時に記憶の中から探し始めた。

 

その時にボールペン・カッター・テープが使用されたので、大きな声で叫ぶと周りにいる人たちが探し始めてくれて全て揃うことができた。

出典:http://www.fujitv.co.jp/gooddoctor/index.htmlより

 

湊は近くにあった飲食店に行き、アルコールなど必要なものを手に取りためらうが、倒れている子どもに目を配ると緊急事態だったので店員に何も言わずに無言で持っていってしまった。

 

手早く応急処置をし終えると救急車が到着したが、子供の母親に一緒に付き添ってほしいと頼まれ、偶然にも救急車が向う先が東郷記念病院だったので、湊はそのまま出勤することになった。

 

しかし、湊はリュックサックを置いてきてしまい、事故現場では携帯電話が鳴り響いていた。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

病院の会議室

一方、東郷記念病院では会議が開かれていて、病院の運営や収益の増減、人件費などを話し合っている。

 

そして理事長の東郷美智(中村ゆり)は、採算性が悪いと小児外科の経費削減を提案した。

 

その場には、小児外科の科長、間宮啓介(戸次重幸)と、エース、高山誠司(藤木直人)も出席していた。

 

小児科は、少ない人数で耐えている。

子ども相手だから保護者からのクレームは絶えないし、他の科ではやらないこともしている。

1人の医師の負担はすごいし、1人の医師を育てるのに能力も時間もかかる。

小児病棟が減少している中、自分たちの科は子どもたちの最後の砦だ。

 

間宮と高山は経費削減に反論し、その意見に賛同した病院長の司賀明(柄本明)は、人材不足を解消するためにレジデントを加えたいと発表した。

 

そのレジデントとは、湊のことであった。

時間になってもなかなか現れないので、加賀が電話を鳴らしていたのだ。

 

大学を首席で卒業しているも、自閉症であることに会議へ出席しているほぼ全員に反対されるが、『自閉症ではあるがサヴァン症候群。力となってくれるはずです。』と、加賀は意見を曲げなかった。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

少年の緊急手術

救急車が東郷記念病院に到着すると、緊急手術の準備が行われ、会議室にいる高山に連絡がいった。

 

湊はオペ室の前で必死に叫ぶも、気にもとめられない。

 

オペ室が始まり、少年を心配する母親と湊は落ち着かない様子。

 

『大丈夫なのでしょうか?』

『危険です危険です』

 

心配する湊は、助ける方法や原因を知っているが、何も出来ずに手術室のまえでウロウロすることしかできなかった。

 

ただ高山と瀬戸夏美(上野樹里)は、オペ室に入り少年を見ると、謎の男(湊)が叫んでいたのを思い出し、エコーを撮る。

 

そして、手術は無事に成功し、高山が少年の母親に説明をした。

 

『応急処置は完璧でした。どこの病院の医師が?』

 

母親は湊を説明しようが、すでにその場に湊の姿はなかった。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

会議室での湊の滞在時間は5分以下

湊は、少年の無事がわかると、時計を見て加賀と約束していたことを思い出し、急いで会議室へ向かった。

 

次の会議があるため立ち去ろうとする理事長の元に、湊が間に合った。

 

『大丈夫。みんな怒っていないよ。次はきちんと時間を守ろうね。』

 

加賀に何があったのか、理由を説明する。

 

『事故があったので応急処置をしていました。あ…鞄を忘れました。』

 

鞄を取りにすぐ会議室を出ていってしまった湊。

 

さんざん待たされたのに急に来て急にいなくなる自由奔放な態度に、倫理的判断力があると思わなかったと理事長に指摘される。

 

『主治医から診断書はもらっております。病院で働くことに関して許可も得ています。』

『許可を得られても問題がないとは思えませんが。』

 

湊について議論をしていると、ネット上で湊が応急処置をした動画が話題になっており、会議室にも流された。

 

『半年時間をください。その間に医師としての資質に欠けると判断された場合は、私は責任を取り病院長を退きます。』

 

副院長の猪口隆之介(板尾創路)は『予算はなんとか私が出そう。変革は大事だ。』と、加賀に賛成してくれた。

 

病院の院長の意見に副院長が賛成してくれたので、湊は何とか受け入れられることになった。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

小児科で自己紹介

こうして、東郷記念病院の小児科で働くことになった湊は、間宮に紹介されて自己紹介をするが、自宅の住所を全て言い、『長い。もっと端的に言え。』と怒鳴られてしまう。

 

『コーヒー!』

 

コーヒー?急に何言い出すの?飲みたくなったの?と、湊の謎な発言に戸惑う医師たち。

 

『8年間怒鳴り続けることでコーヒーが1杯温まります。間宮課長の場合はもっと早い機関で大丈夫です。』

 

クスクス。笑いたいけど間宮を気にして笑えない、小児科医たち。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

加賀の頼み

その頃別の部屋では、加賀と高山が話をしている。

 

『彼はきっと、素晴らしい医者になると思いますよ。』

 

高山に、湊が8歳の時に人体の器官を暗記してしまったことなどを話し始めた。

 

8歳の湊は、窓に人体の器官や脳みその構造などをお絵かきをして、加賀に見せてくれたのだった。

 

『彼は小児外科医になるために誰よりも努力をしてきた。』

『我々に必要なのは高度なコミュニケーション能力が大事です。自閉症の少年には無理だ。』

『自閉症は医師になってはいけない決まりでもあるのか』

『何かあってからでは…。』

『高山先生、湊の力になってください。非力な私の最後の頼みです。』

 

加賀は頭を下げ、高山に頼むのであった。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

まさきくんとの出会い

湊は、患者のカルテと職員の情報を高速でつぶやくと覚えてしまい、病院の案内図も管理リストも把握してしまった。

 

湊の指導医を任された瀬戸は、小児科を案内しながら病室を廻っていた。

出典:http://www.fujitv.co.jp/gooddoctor/index.htmlより

間宮の担当患者のまさき(嶺岸煌桜)のところを訪れると、湊はウルトラマンメトロノームの必殺技まで覚えていることを伝え、絵を書いて披露した。

 

初代ウルトラマンから全て描けることを知り、まさきのテンションはさらに上がる。

 

そして、湊とウルトラマンの話題で盛り上がっている時、思い出したかのように瀬戸に尋ねるのだった。

 

『ねぇ先生。僕の退院はいつ?』

『まさきくんは、退院したら何がしたい?』

 

瀬戸は話を変えようとしたが、しばらくは退院出来ないことや、腫瘍が大きく手術が必要なことなど、湊が喋ってしまった。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

母・しょうこの怒り

『どういうことですか?再手術のことまさきに言うのはもう少しまってほしいと言いましたよね。』

 

怒る母親のしょう(安藤聖)こに対し、手術日も近くなっているので時期的にもそろそろお伝えいただかいないといけないことを謝りながらお願いする瀬戸と間宮。

 

『あの先生のこと聞きましたよ。自分の子供をああいう人に任せられますか?』

 

湊が自閉症スペクトラム障害を抱えていることを他の入院患者の保護者に聞かされ不安も感じていた。

 

もうあの先生を近づけないでほしいとお願いするのだった。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

人間の気持ちが理解できない

間宮にちゃんと指導をしろと怒られた瀬戸は、屋上に湊を連れて話を始めた。

 

『一体何考えてるの?』

『瀬戸先生が考えている理由です。』

 

瀬戸は、カルテには書かれていない事情があることを湊に教えた。

 

大きな手術をして、入退院を繰り返しながら辛い抗癌剤治療にも耐え小学校に行くのをずっと楽しみに頑張っていて、やっと退院して学校に行ける時に再発が発覚。

まだ本人には言って欲しくないというのが両親の希望だったのだ。

 

『何で言ったらいけないんですか?』

『何でって…ご両親の気持ちがわからないの?』

『わかりません。』

『気持ちの準備ができていないのにまさきくんが知ったらかわいそうだって。』

『わかりません。』

 

何を言っても『わかりません』しか返答がなく、瀬戸は呆れてしまう。

 

『いくら記憶が優れていても、人の気持ちが分からない人間に医者は務まらない。』

 

瀬戸は、まさきくんの病室には二度と行かないよう告げると湊を残し屋上を去るのであった。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

副院長の企み

『ああいった人間を入れるなんてどういうつもりですか?』

 

会議で院長に賛成したことを納得していない理事長の東郷は、副理事長の猪口を問い詰めていた。

 

『院長が言っていた通り我が病院の経営状況を考えればコストダウンは急な図らいです。

 しかし、採算の取れない小児科は閉鎖すべきだ。』

 

小児科のコスト削減でレジデントを受け入れる意見に賛成はしたものの、裏では理事長に賛同する猪口だが、他にも何か企んでいそうな雰囲気がある。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

自分の病気が知りたいまさきくん

病室ではまさきが窓の方を眺めながら落ち込んでいて、母が明るく振る舞っていた。

 

『さっきの本当?ぼくまだ病気なの?退院できないの?』

『さっきの先生はまだ入ってきたばっかで、まさきのことわかっていないんだよ。』

 

しょうこは必死に隠そうとしていた。

まさきは、両手に握りしめたランドセルを眺める。

 

出典:http://www.fujitv.co.jp/gooddoctor/index.htmlより

 

『夏美先生…なんで?なんで本当のことを教えてくれないの?先生教えてよ。退院出来るの?出来ないの?』

 

まさきの母親に手術のことはまだ黙っていて欲しいと忠告されているので、返答に困る瀬戸だったが、一途に聞いてくるので話をそらすことも出来ず、何も言葉を返せなかった。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

湊を受け入れない高山

湊は廊下で高山とすれ違うとお辞儀をした。

 

出典:http://www.fujitv.co.jp/gooddoctor/index.htmlより

 

『お前は小児外科医になれない。早く自覚しろ。』

『ぼくは小児外科医になりたいです。』

『お前は何もしなくていい。定時期に来て定時に帰れ。』

 

高山は、一切湊の言うことを受け入れない様子。

 

一方的に命令するのであった。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

夜の密会

そして、夜になると東郷が高山の待っている車に乗り込んだ。

 

『ごめん。遅くなって。今日のこと怒っている?』

『理事長としての君の立場はわかっている。』

 

どうやら内緒で付き合っているようだ。

お腹が空いたと話、食事に行くのであった。

 

そこ頃病室では、夜になっても眠れないまさきが、退院出来るのか出来ないのか考えていた。

 

壁に退院の日にちが描かれた飾りをじっと眺めているところに、湊が現れた。

 

近づかないようにしょうこや瀬戸に注意されいるので、人目を避けてこっそりと来たらしい。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

翌日、容態が急変

翌朝、病院でおにぎりを食べる湊は、他の医師がミーティングをしているのを眺めていた。

 

まさきの話題をしていて、まだ本人に手術のことを言えていないことを話している。

 

そのことを知ると、湊は病室へ行くのだが、そこには腹痛で苦しんでいるまさきの姿があった。

 

湊がかけつけ病状を観ようとするが、しょうこにきつくあたられてしまう。

 

『触らないでください。他の先生をお願いします。』

 

その騒ぎを聞きつけた職員たちは病室から追い出そうとするが、まさきは更に苦しみだすのだった。

 

今すぐにレントゲンを取るべきだと主張したので、まさきの担当医・間宮の元へ連絡がいったが、湊の言うことだからと信じようとしない。

 

『あいつか。今朝見たときにはなんともなかった。放っておけ。これから大事な会議なんだよ。』

 

そう言うと電話を切るのだが、間宮の言う会議とは接待ゴルフのことだった。

 

しかし、まさきの容態は悪くなる一方。

 

『早くオペをしないと死んでしまいます。』

病室に入れてもらえない湊は、廊下から必死に主張するのだった。

 

まさきは嘔吐をし、意識が失くなってしまった。

 

緊急事態に間宮に再度連絡がいったが、病院に戻るまでに2時間かかる。

 

『あと30分でショック状態になります。』

 

まさきの容態と湊の診断に母親と職員は慌てるが、どうしたらいいのかわからない。

出典:http://www.fujitv.co.jp/gooddoctor/index.htmlより

湊は、目の前で苦しむ患者に何も出来ず涙が溢れてきそうになる。

 

そして、ベッドを動かしてオペ室に行こうと決心するが、職員がとめに入るのだった。

 

看護師の橋口太郎(浜野謙太)は、湊の必死な姿に心を動かされ味方をし、一緒にベッドを運ぶのを手助けしてくれた。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

2つのオペを同時に執刀

手術中の高山と瀬戸の元へ、湊が間宮の患者を隣のオペ室に運んだことが耳に入り、駆けつける。

 

湊と橋口は、2人で手術をしようとしてメスをお腹に当て切る寸前のところだった。

 

そして、高山が現在進めている手術と同時に、まさきの手術もする覚悟を決め、2つのオペを同時に執刀することになった。

 

湊は手伝いたいと申し出るが、『お前は今すぐここからでていけ。』と追い出されてしまい、オペ室の外ウロウロしたりと心配を隠せないのだった。

 

息子を祈る母親。

そして、連絡を受けて父親も到着した。

 

みんなが祈る中、手術中のランプが消えると、高山が無事に成功したことを告げた。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

怒る高山

心配で仕方がない湊は、高山にまさきの容態を訪ねようと走り寄るが、体ごと突き飛ばされる。

 

『お前は医者失格だ。』

『お前は運が良かっただけだ。運が悪かったら2人同時に死なせていた。』

 

高山に怒鳴られ、びくびく怯える湊。

 

手術成功後にようやく病院に到着した間宮は、廊下で高山に会うとオペを担当したことを聞かされた。

 

さらに高山は、まさきの担当を引き継ぐと発言し、『上司にむかって何だ』と言われるが、学会と嘘をつきゴルフをしていたことを見抜いていたのだった。

 

『ポケットに何か入っていますよ』と言われた間宮が確認すると、ゴルフボールが入っていた。

 

『患者よりプライドが大事』

高山に指摘された間宮は、さっきまでの勢いは消え何も反論してこなかった。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

目の前で苦しんでいる人を助けたい

高山に突き飛ばされた湊は、かすり傷程度の怪我をしてしまった。

 

まだ恐怖が残っているようでビクビクしている。

 

瀬戸が手当をしながら、どうして怒られたのかを教えていた。

 

『患者の情報が不確かな医者が、勝手なことをするから怒ったの』

 

『確かにあなたに助けれらたけど。』とボソッと言うと、瀬戸はさらに続けた。

 

『患者のことを一番にわかっているのは主治医なの。』

『目の前で苦しんでいる患者がいたら僕は助けたいです。』

『それはそうだけど…』

『瀬戸先生野言っていることはわかりません。』

 

湊は勢いよく飛び出し、まさきの病室へと向かった。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

まさきくんんは可哀相な子ではない

まさきは、まだ眠っている。

 

廊下で付き添いで残っていたしょうこに会うと、湊にお辞儀をしお礼を伝えるのだった。

 

『手術したのは高山先生です。高山先生はすごいお医者さんです。』

『先生が気づいてくださらなかったら今頃あの子は…それなのに大変失礼なことを』

『大丈夫です。僕は人と違います。慣れいます。』

 

そして病室に入り、まさきが大事にしているランドセルを持ってくると、しょうこに渡した。

 

『これからまた抗がん剤治療が始まるの。

 あの子、小学校に行くことを楽しみにしていたのです。

 幼稚園にほとんどいけなかったから早く病気を治して、お友達とウルトラマンごっこするんだって。

 なのに…また同じ治療をと思うとどうしても私には言えません。

 あの子は何も悪くないのにどうして元気な子に産んであげることが出来なかったのだろう。

あの子に申し訳なくて….。

 まさきが本当にかわいそうで…。』

 

涙してしまうしょうこに、湊は首を横に振った。

 

『かわいそうではありません。

 かわいそうなのは病気であることです。

 まさきくんはかわいそうな子ではありません。

 まさきくんは強い子です。

 とっても強い子です。

 大人でも耐えられないが、まさきくんはそれに耐えてきました。

 まさきくんはとても強いです。』

 

堂々と伝える湊を見守っていた瀬戸は、『私もそう思います』としょうこに近寄り思いを伝えるのだった。

 

『まさきくんはとても強い子です。

 三年間の間ずっと病気と戦ってきました。

 辛い投薬治療も辛い副作用にも耐えて頑張ってきました。

 私は側でずっとそれをみてきました。

 また同じ治療をすることを言えない、お母さんの気持ちはおさっしします。

 でも、まさきくんは本当のことを知りたがっています。

 しょうこさん、まさきくんにちゃんと病気のこと話しませんか。

 ちゃんと説明して一緒に治療していきましょう。』

 

涙を流してうなずいているしょうこの手を力強く握る。

 

 『まさきくんはウルトラマンより強いです。絶対絶対勝ちます。』

湊も、自信たっぷりに伝えた。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

お誕生日おめでとう

そして、まさきが目を覚まし、何の病気だったか尋ねると、しょうこは前と同じ病気になっちゃっていたと教えてあげることができた。

 

『そうなんだ…じゃあまたあのお薬やすの?』

『病気をちゃんと治すために、やらないいけないとだめだけど、手術はとってもうまくいったからお薬を頑張ったら絶対に治るって』

 

『でもお家には帰れないんだよね。』

 

瀬戸は、一年生の間は難しいかもしれないと伝えると、間に合わなかったな…とまさきはつぶやいた。

出典:http://www.fujitv.co.jp/gooddoctor/index.htmlより

 

『ね、ママ。そのランドセル開けてみて。』

 

しょうこはランドセルを開けると、そこにはママへのバースデーケーキが描かれ、『7月6日お誕生日おめでとうと』と描かれたイラストが内側に貼ってあった。

 

『誕生日プレゼント。ママいつもありがとう。』

しょうこは感動して涙が止まらなくなる。

 

『ママの誕生日、今日でしょ。

 退院してお家でみんなとお祝いしてあげたかったんだ。』

 

そしてハッピーバースデーの歌を歌うと、しょうこはイラストのろうそくを『ふーっ』と息を吹いて消した。

 

『上手に描けてるね。ありがとう。いつ描いてくれたの?』

『昨日の夜、湊先生に教えてもらったんだ。』

 

しょうこから近づけないでと言われていたので、誰にも見つからないように一人で病室を訪れた湊は『ロウソクに色を塗ると、とても綺麗です』と細かいところまで教えてあげていた。

 

湊は小児科へ来た時、飾られていた七夕の短冊を眺めていた。

 

そこには、『おうちでママのおたんじょうびかいができますように。まさき』と書かれていた短冊があり、まさきの願いを知ったのだった。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

じゃんけんとグータッチ

橋口は湊を呼び止めると、まさきを助けられたことを祝ってグータッチをしようとするが、何かわからに湊はパーを出し、じゃんけんになってしまった。

 

樋口はグータッチを教えると、湊は気に入ったようだ。

 

『湊先生、グッジョブ』

湊と樋口は、改めてグータッチをするのだった。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

空腹気収縮

瀬戸は湊の元に来てしょうこが喜んでいたことを嬉しそうに話した。

 

そして湊の手元に見覚えのあるウルトラマンのフィギアがあるのを見つける。

 

『だめでしょ子供のものとったら。』

『とってません報酬です。』

 

まさきに絵を教えた報酬でもらいご機嫌の湊は、ウルトラマンの足に自分の名前を書いて遊び始めた。

 

そして瀬戸のお腹が部屋の中に鳴り響く。

 

『空腹気収縮です』

『しょうがないでしょ朝から何も食べてなかったんだから。』

 

すると湊のお腹も鳴り、『僕も空腹気収縮です』と告白した。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

立ち食い焼き肉店で女性から睨まれる

湊は瀬戸に連れられ、人は立ち食い焼き肉の店へ。

 

『いつもひとりでくるんですか?』

と尋ねる湊は、空気の読めない発言をしてしまった。

 

『立って食べるスタイルは独り身で寂しい女性が入りやすいとテレビで言っていました。』

 

店内には女性のおひとりさま客ばかり。

湊と瀬戸はにらまれるが、湊は視線を感じていない様子。

出典:http://www.fujitv.co.jp/gooddoctor/index.htmlより

『独り身は自分の好きなものばかり頼むので栄養バランスが偏るそうです。』

 

瀬戸はもうそれ以上言わないで欲しいので、食べたいものがあったら頼んでと話を逸らすためにメニューを手渡した。

 

『どうして医者になろうと思ったの?』

 

『お兄ちゃんです。

 お兄ちゃんは大人になれませんでした。

 大人になれない子どもをなくしたいです。

 みんな、みんな、大人にしたいです。

 おにぎりください2つください』

 

『私いらないからね』

『あげません全部僕が食べます。僕はおにぎりが大好きです。』

 

自分の分も頼んでくれるのかと思った瀬戸は、少し拍子抜けをしたが、自分の食べたいビビンバとおにぎりを2つ注文するのであった。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

回想シーン 危険な兄

湊と兄が雨宿りに入ったところは、いつもの秘密基地だった。

 

『父さんはここまで来ないよ。ここで少し遊んで帰ろう。』

 

お父さんに怒られたのか、理由は分からないが兄は湊を元気づけたい時に秘密基地に遊びに来るのかもしれない。

 

しかし、雨で靴も濡れていたせいか、兄はつまずいてしまい基地内に置いてある資材などに当たり崩れてきて、湊と兄は倒れてきた資材の下敷きになってしまった。

 

救急車のサイレンが鳴り響く。

出典:http://www.fujitv.co.jp/gooddoctor/index.htmlより

意識を取り戻した湊はベッドに横になっており、隣では兄が頭から血を流し横たわっていた。

 

加賀が兄に心臓マッサージをしているが、意識が戻らなく危険な状態だ。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

湊の願い

東郷記念病院の小児科の七夕飾りに1つ短冊が増えていた。

『すべての子どもが大人になれますように 新堂湊』

 

これが湊の願いであり、医師になった動機。

 

清らかな風に揺られ、もしかしたら院内のスタッフや患者の目に止まったのかもしれません。

 

グッド・ドクターを視聴する

スポンサーリンク

 

グッド・ドクター 2話予告動画

みんなみんな大人にしたい湊。

 

2話は女子高生の緊急出産がテーマです。

出産出来たが、赤ちゃんが死んでしまうかもしれないという危険な状態になります。

 

早く手術をしなければならない状況だが、病院側は事情がありオペは出来ない。

 

守るべきはルールか、それとも赤ちゃんの命か。

 

そして、湊がまたルールを破ったようで、そのことが理事長や副院長の耳にも入ってしまいます。

 

湊は病院に残れるのでしょうか。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

感想・まとめ

山崎賢人さんが、どんな風にサヴァン症候群の医師を演じるのか注目しておりました。

 

山崎さんってカッコいい役が多い印象があるのですが、(山崎がカッコいいですもんね。)今回のドラマの役は、おどおどしていて、かわいいなと感じました。

 

障害があるからか、湊の意思が強いからなのか。

両方かもしれませんが、周りの助言やアドバイスの意味がわからないことが多いのですが、『わかりません』と言い困らせてしまっています。

 

上司に怒られる威圧感だけで、納得してなくても『わからなければならない』という風になってしまう気がして、ハッキリ言えて意思を貫けるのはすごいしカッコいいと想いました。

 

そして、湊の想いに感動しました。

『まさきくんはかわいそうな子ではありません。』このセリフが一番ヤバかったです。

 

障害はあるけど、こんな先生に自分の子ども担当してほしいなと想いました。

 

そして、湊演じる山崎賢人さんと、まさきくん役で出演した子役の嶺岸煌桜くんが半年前にも共演していたとは驚きでした。

ドラマ『トドメの接吻(キス)』は観ていたけど、調べるまでは気づきませんでした。

 

それにしても、湊は高山先生には嫌われてしまっている様子ですよね。

今後は受け入れてもらえるのでしょうか。

 

第2話も、どんな展開になるのか楽しみですね。

 

 グッド・ドクターを視聴する 

 

スポンサーリンク