グッドドクター9話ドラマ見逃しやあらすじネタバレ!伊代の恋に進展が!

 

 無料でグッド・ドクターを視聴する 

 

ドラマ『グッド・ドクター』第9話は、9月6日(木曜日)よる10時からフジテレビ系列にて15分拡大して放送です。

 

第8話のラストでは、伊代が想いを寄せる亮平に病院内の食堂で話しかけられました。

 

急いで病室に戻り、姉に『めっちゃドキドキした』と教えるのですが、話し終わると力尽きたように突然倒れてしまいます。

 

どんな風に話しかけられたのか、何を話したのかなど、伊代ちゃんと一緒にテンションが上がって気になりましたが、倒れてしまい驚いております。

 

伊代ちゃんはどうなってしまうのでしょうか。

 

それから、瀬戸先生のことを見つめる湊も気になりましたよね。

 

さて、高齢者向け療養施設案が可決されるかどうかの会議も開催されようとしております。

 

病院や小児科、司賀院長の今後はどうなってしまうのでしょうか。

 

今回は、グッド・ドクター9話の見逃し配信やあらすじのネタバレを中心に、まとめていきたいと思います。

 

グッド・ドクターを視聴する

スポンサーリンク

 

グッド・ドクター 9話の予告と無料の見逃し配信期間

 

第9話は、伊代ちゃんが突然倒れて、命に危機が迫りつつあります。

 

移植手術が必要な状態だと分かると、伊代にとっての家族は私しかいないからと、姉の森下汐里がドナーになると決意をします。

 

しかし、伊代ちゃんは『どうせ治らないのに、どれだけ私のお腹を切れば気が済むの』と手術を受け入れられない様子。

 

それから伊代ちゃんが恋をしている亮平くんもとの距離も縮まりそうです。

 

亮平くんは、バスケの練習中に頭を強打したことから水頭症を発症してしまい脳神経外科に入院していたのですが、小児科に移って伊代ちゃんとは隣の隣の隣の病室になります。

 

亮平くんの足は、麻痺した状態のままになってしまう可能性があるようですが、タイミング悪く本人が耳にしてしまいます。

 

伊代ちゃんと亮平くんの恋と病気はどうなるのでしょうか。

 

 

9話を見逃してしまった方、もう一度見逃し配信で見たい方は、ドラマ放送終了後から、2018年9月13日 20時59分までFODで無料配信しております。

 

グッド・ドクター9話を無料視聴する

 

グッド・ドクター第9話の主なキャスト

新堂 湊山﨑 賢人主人公で医師を目指す
瀬戸 夏美上野 樹里湊の指導医
高山 誠司藤木 直人小児外科のエース
間宮 啓介戸次 重幸小児外科長
橋口 太郎浜野 謙太看護師
盛岡 豊東根作寿英脳神経外科医
東郷 美智中村 ゆり理事長
司賀 明柄本 明院長
猪口隆之介板尾 創路副院長
森下 伊代松風 理咲湊の担当患者
森下 汐里松井 愛莉 伊代の姉
滝川 亮平萩原 利久車椅子の入院患者

 

グッド・ドクターを視聴する

 

グッド・ドクター 9話あらずじネタバレ

第9話は、湊の担当している患者の伊代ちゃんが思いを寄せている亮平くんが出演することが決まりました。

 

亮平くんはチラッと出てたくらいですが、9話では物語の中にも登場してきます。

伊代ちゃんとの恋も進展しそうな匂わせもありますね。

 

 

亮平くんを演じるのは、萩原利久さんです。

萩原さんは、2008年に子役でデビューをして、今年で芸歴10年目になります。

 

バラエティ番組のめちゃいけこと『めちゃ×2イケてるッ!』ではオカレモンJrとして出演をしたり、ドラマでは『金田一少年の事件簿N(neo)』や『先に生まれただけの僕』などに出演をし、2018年には『あなたには帰る家がある』に茄子田慎吾役で活躍しておりました。

 

萩原さんは、『暗殺教室』や『ちはやふる』や『3月のライオン』といった人気映画にも出演をしております。

 

さて、それでは第9話の内容をネタバレしていきたいと思います。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

高齢者向け療養施設案が可決

東郷記念病院の会議室には役員が集結していて、経営を立て直すための会議が開かれていた。

 

理事長の東郷美智(中村ゆり)は、祈るような気持ちでいたが、病院を高齢者向け療養施設にする改革案が会議で可決されるのだった。

 

それに伴い、方針にそぐわない部門から縮小してくことになり、小児外科と産婦人科が年内で廃止することも決定されてしまいます。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

支援金を受け取る

東郷は、支援金を受け取るが思っいた以上の額に驚く。

 

新日本医療グループの一員として、収益向上に貢献してくれることを期待されての額だった。

 

東郷は、まだ高齢者向け療養施設にすることに迷いがあった。

 

東郷の判断がなければ、東郷記念病院は今ごろ倒産に追い込まれており、何千人ものスタッフが露頭に迷うことになっていたのだ。

 

多くを守るためには、多少の犠牲が必要なこと。

経営者として正しい決断だったことを話されるが、東郷はあまりしっくきていなかった。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

湊は認められてきている

新堂湊(山﨑賢人)は、高山誠司(藤木直人)からも認められるようになり、小児外科のチームも湊を受け入れてきているのだった。

 

今までリスクを恐れ湊の行いに厳しかった間宮啓介(戸次重幸)もその一人で、湊対する気持に変化が現れてきていた。

 

湊自身も成長をしてきており、最近では保護者からのクレームも聞かなくなっておりました。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

伊代のドナーに姉が決意

湊の担当患者の森下伊代(松風理咲)が突然倒れ、命の危機が迫りつつあります。

 

湊は瀬戸と共に伊代の姉・森下汐里(松井愛莉)に伊代の病状を説明するのでした。

 

伊代を助けるためには、小腸移植が必要だった。

説明を聞いた汐里は、伊代にとっての家族は私しかいないからと、自らドナーになることを決意します。

 

それから、汐里は自ら伊代に説明させてほしいと頼むのですが、言うタイミングが掴めずなかなか言い出すことが出来ず、時間だけが過ぎていきます。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

亮平はもう歩けないかもしれない

高山は、脳神経外科の盛岡豊(東根作寿英)から入院患者の滝川亮平(萩原利久)についての相談をされていた。

 

亮平は、バスケの練習中に頭を強打したことから水頭症を発症してしまった。

 

通常ならば、脳内に溜まった脳脊髄液を腹腔(横隔膜の下方の、腹部の内臓がおさまっているところ)に流す手術を行うのだが、亮平は腹膜炎の既往で腹腔に酷い癒着があるために、この手術方法が取れないのだ。

 

それから、亮平は頭を打った時に腰髄も損傷したため、水頭症が改善されても歩行が困難になることも考えられており、足のしびれが取れずに一生車椅子を必要とするかもしれない状態だった。

 

そして、両親からの希望があり、亮平にはまだ症状は伝わっていなかった。

 

高山は、自分たちに出来ることをするだけだと盛岡に伝え、小児外科のチームには水頭症の治療法を見つけることに力を注ぐのであった。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

亮平が小児科へ!伊代に恋の進展が!

亮平は、小児科へ移ることになり、瀬戸が担当をすることになった。

 

病室は伊代の病室の隣の隣の隣に。

伊代は想いを寄せる相手が隣の病室に来て、テンションが上がり大喜び。

 

湊の後ろに隠れて、亮平の病室を訪れます。

 

亮平に話しかけることができなくて姿を見ているだけだったが、もう普通に話せるようになってきました。

 

亮平はバスケが大好きで、病室にはバスケに関する物が多数飾られております。

 

これを読むとバスケが好きになるし元気が出るからと、亮平は伊代にスラムダンクの漫画を貸してあげるのでした。

 

そして、伊代は元気になって退院をしたら、亮平のバスケの試合を観に行く約束をします。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

伊代が移植手術のことを知ってしまう

伊代は亮平のバスケの試合を観に行くのが今からとっても楽しみで、自分の病室に戻ると、汐里に話すのでした。

 

しかし、汐里は伊代の病気が深刻なことが気になって話しどころではありません。

 

移植が必要なことやドナーになったことなどを言い出せないのも後ろめたさを感じており、ちょっと飲み物を買いに行くと伝えて病室から急いで出ていくのでした。

 

伊代は、亮平から借りた漫画を嬉しそうに眺めていると、汐里の鞄が視界に入り中に入っていた『ドナー適合検査のご案内』と書かれた書類を見つけてしまうのでした。

 

伊代は激怒し、湊が病室に急いで駆けつけます。

 

伊代は今まで5回手術を受けており、手術の後は歩けないほどの痛みを感じていた。

 

そして、伊代はどうせ治らないから手術は絶対受けないと言いふて寝をしてしまいます。

 

湊は今度は必ず治るから手術を受けて欲しいと説得をするが、一人にして欲しい言われカーテンを閉められてしまいます。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

高齢者向け療養施設の改革案が可決された後、猪口隆之介(板尾創路)は病院内で亮平を見かけた。

 

その後、猪口は亮平の病室を訪れると、廊下から中を覗いて様子を見たり、小児外科を訪れて滝川亮平という患者が入院しているか尋ねるのだった。

 

亮平は、猪口の息子だったのだ。

 

猪口は、亮平のお見舞いに来ていた母親が病室から出てくるのを待ち構えると、ここの病院の小児外科は年内でなくなるから良い病院を紹介すると話を持ちかけるのでした。

 

そして亮平の母親は、高山と瀬戸を呼び、ボストンにある有名な脳外科専門病院に転移させたいと思っていることを伝えます。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

伊代が手術を受けたくない理由

手術を受けてもらいたい湊は、どうしていいか分からず、院長室を訪れ司賀明(柄本明)に相談をしてアドバイスをもらい背中を押してもらいます。

 

湊は伊代の病室を訪れた。

 

湊が見てきた伊代は、いつも治療に一生懸命で、途中で投げ出したりはしなかった。

 

なのにどうして手術を受けたくないのか、本当のことを教えて欲しいとお願いをするのでした。

 

伊代の怒りはもう静まっていた。

 

伊代は体育の授業がある度に手術の痕を必死で隠しており、それでも誰かに見られてしまった時は明るく誤魔化していた。

 

手術を受けるということは、ドナーである汐里にも傷が残るといこと。

 

伊代は、自分が受けた惨めな思いを汐里にしてほしくなかったのだ。

 

汐里は、両親が亡くなってから伊代を養うために通っていた音大を中退して夢を諦め働き出し、治療費のためにコンビニなどで夜中まで働いてる。

 

伊代は、これ以上汐里の重荷になりたくなかった。

 

汐里を不幸にしてまで生きたくないことを湊に伝えるが、汐里は廊下で話を全部聞いていたのだった。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

亮平の緊急オペが始まる

亮平はボストンの病院に転移するため、東行記念館病院を退院します。

 

しかし、看護師へ挨拶を済ませ帰宅しようとした矢先、廊下で倒れて意識障害を起こしてしまいます。

 

亮平が倒れたことは、担当医である瀬戸や、湊や高山などスタッフの元にも電話で伝えられました。

 

高山から亮平が倒れた知らせを聞いた猪口は、手術前の高山の元へ駆けつけて息子をどうか助けてくださいと頭を下げてお願いするのだった。

 

亮平の緊急手術は、小児外科と脳神経外科が集まり合同で行われた。

 

猪口はシャッター越しに、幼少期の亮平の写真を握り手術の成功を祈るのであった。

 

猪口の祈りとは裏腹に、スタッフは意見を出し合うが治療法が分からず、オペを中止するかどうかの選択が迫られる。

 

しかし高山が的確に判断をし、放射線科に連絡をしてオペは再開。

 

無事に手術は終わり、水頭症の症状は改善が見込まれていた。

 

しかし、症状が改善されたにも関わらず両足が動かいないことに疑問を抱くだとうと、高山は亮平の母親に説明をするのだった。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

亮平はバスケを諦めていない

伊代は、高山の話が聞こえてしまい、亮平の足が動かないことを知ってしまいます。

 

そして、一人で浮かれてバスケの試合を観に行くと言ったことを後悔し、塞ぎ込むようになってしまいました。

 

そんな伊代を見て湊は、どうしても見せたいものがあるからと病室から連れ出します。

 

湊が連れてきたところには、壁に向かってバスケットボールを投げている亮平の姿がありました。

 

亮平は、手術をしても両足が動かいないことを、入院して間もない頃に母と医師が話しているのが聞こえて知ってしまったのです。

 

こんな体では、もうバスケは出来ないと何度も諦めようと思ったが諦めきれず、入院中もバスケの練習をしておりました。

 

湊は、人とは違うからという理由でお医者さんになることは無理だと言われていたが、それでも諦めずに続けていたら夢が叶い今は多くの人に支えられていること亮平に伝えます。

 

亮平が好きなことを笑わないし、たくさん応援すると勇気を与え、壁に丸い円を描いてあげるのでした。

 

亮平は湊が描いた円にをバスケットゴールに見立てて、5分だけという約束をしてボールを投げて練習をしたのです。

 

亮平は、大好きなバスケを諦めていない。

 

車椅子で試合に出れた時には、伊代に見に来て欲しいと思っていたのでした。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

猪口が小児外科を認める

『今回はあなた方に救われました。』

 

猪口は、小児外科には数字では測れない価値があることを認めるが、それでも採算性が悪い科を抱えていたら、いつか病院が潰れてしまうと高山に伝えます。

 

そして、息子の命を救ってもらったことにお礼をすると、高山はそれが小児外科医の仕事だと伝えるのでした。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

アイスは瀬戸先生と食べる方が美味しい

資料を読んで勉強をしている湊の頬に、瀬戸が冷えたアイスを付けて半分渡すと、小さく飛び上がるように湊は驚くのだった。

 

瀬戸は、伊代が手術を決意したことを尋ねた。

 

伊代は、亮平の諦めない姿から勇気をもらい手術を受けることを決めたのだった。

 

『来週の手術で伊予ちゃんと汐里さんは、幸せを分け合います。

このアイスと同じです。

アイスは一人でたべるより、瀬戸先生と食べるほうがずっとずっと美味しいです。

伊代ちゃんと汐里さんも、幸せを分け合った方がずっとずっと幸せになります。』

 

湊と瀬戸は、一つのアイスを2本にしたように幸せを分かち合い、見つめ合いながらアイスを食べるのでした。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

吐血をして倒れる

湊のもとに電話が鳴り響き通話をするが、向こうでは何かが倒れる物音が聞こえて切れ電話がてしまいます。

 

急いで院長室に駆けつけると、司賀が吐血して倒れていたのだった。

 

一方、小児外科には伊代が受けた組織検査の結果が届いた。

 

伊代の肝臓は既に肝硬変を起こしており、この状態では小腸移植は出来ない。

 

伊代は、お見舞いに訪れた汐里と廊下のソファーで話をしていたが、急に吐血してしまいそのまま横たわるように倒れてしまうのでした。

 

スポンサーリンク

 

グッド・ドクター 10話の予告動画

 

 

 

グッド・ドクターを視聴する

 

SNS・ツイッター(Twitter)情報

 

 

ああ

 

グッド・ドクターを視聴する

 

感想・まとめ

まさか、亮平くんが猪口の息子だったことには驚きましたね。

 

今までのグッド・ドクターに出てきた病は、私たちも無関係ではありません。

もしかしたら、明日突然自分や家族が病になる可能性もあります。

 

亮平くんはバスケの試合中に転倒したのが原因だったのですが、一番起こりやすくて身近になものに感じました。

 

ただ転んだだけ…。

それだけなのに、打ちどころが悪くて生活や世界が激変してしまい切なくなってしまいました。

 

それから伊代ちゃんと亮平くんの恋の行方がずっと気になって今日を楽しみにしていたのですが、まだお友達の関係でした。

 

伊代ちゃんが退院したら亮平くんのバスケの試合の応援に行って、その時何か進展があるのかなとストーリーを考えてしまいました。

 

さて、グッド・ドクターも次週で最終回を迎えてしまいます。

 

伊代ちゃんと司賀が倒れて東郷記念病院から産婦人科と小児科が年内でなくなることが決定して…。

一体どうなってしまうのでしょうか。

 

湊と瀬戸先生の関係も、何か変化が訪れるのかなと楽しみな部分もあります。

 

次週もまたまとめていきたいと思います。

 

 グッド・ドクターを視聴する 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です