レコード大賞2018の審査がおかしい?DA PUMPのUSAじゃないのはなぜ?

 

年末の看板番組『輝く!レコード大賞』が2018年12月30日(日曜日) よる5時30分〜11時まで開催され乃木坂46の『シンクロニシティ』が2018年の日本レコード大賞に選ばれました。

 

5時間半の生放送で大盛り上がりでしたが、なぜDA PUMP(ダパンプ)ではなかったのだろうかと審査基準に疑問の声が多く浮上しております。

 

スポンサーリンク

 

レコード大賞2018の審査がおかしい

年末の看板番組『輝く!レコード大賞』が2018年も放送され、日本レコード大賞や優秀作品賞、最優秀新人賞などが発表されました。

 

2018年の日本レコード大賞は誰が選ばれるのだろうと、多くの国民が注目していた中、乃木坂46の『シンクロニシティ』が選ばれました。

 

発表後、審査基準についてネット上では疑問の声が浮上しております。

 

 

多くの国民が、ダパンプが大賞を取るのだと予想しておりました。

 

ダパンプの『U.S.A』は大ヒットしたし、CMでも流れていたしテレビでもたくさん見かけましたよね。

 

24時間テレビでは、マラソンランナーのみやぞんさんへの応援としてアレンジで歌っておりました。

 

忘年会の余興などでも人気があり、今年の音楽業界に一番刺激を与え盛り上げた印象があるのですが、はたしてどんな審査基準だったのでしょうか。

 

レコード大賞の審査基準は?

レコード大賞の審査を調べてみたのですが、極秘で行われているようなので基準はわかりませんでした。

 

レコード大賞もM1グランプリ同様に、審査員の好みが入っているので、ダパンプの『U.S.A.』が受け入れられなかったということ話になりかねませんが、選考した審査員のコメントがないので、モヤモヤして気持ちが晴れないですよね。

 

レコード大賞は密室

 

そして、審査員の好みによって左右する『日本レコード大賞』って、わざわざ放送する意味あるのかと疑問に思ってしまいました。

 

スポンサーリンク

 

ダパンプが選ばれなかった理由

ダパンプの『U.S.A.』は、衣装やダンスや曲調など全てが『ダサかっこいい』と話題になりましたよね。

 

審査員の好みがあるとは言え、2018年に一番人気があり大反響だったのになぜ選ばれなかったのでしょうか。

 

調べてみたら、『カバー曲は選ばれない』、『洋楽は選ばれない』などのルールがあるとの声がありました。

 

私は洋楽が大好きだし、本当に差別したようなルールがあるなら『U.S.A.』がDA PUMPの曲として認められていない感があって何だかショックだなと感じてしまいました。

 

 

『U.S.A.』は、元々はJOE YELLOW(ジョー・イエロー)さんが1992年に発売した曲です。

 

1992年は日本もディスコブームで、ユーロビート調の『U.S.A.』もヒットしたそうなのですが、当時はまだCDではなくレコードとして発売されました。

 

ディスコで聴いて懐かしいと感じた世代も多いですよね。

 

まとめ

日本レコード大賞の審査基準については、まだ謎な部分が多いのですが、審査員の好みに左右されている可能性が高いようです。

 

しかし、決して乃木坂46が悪いわけではありません。

 

乃木坂46も素晴らしいアーティストで努力もして頑張っていましたが、『やはり今年はダパンプなのでは』と多くの国民が感じておりました。

 

審査基準の発表があったら、みんな少しは納得できるのではと思いましたが、差別的な理由だったらまた炎上しそうですよね。

 

スポンサーリンク

4 Comments

音楽好きの60歳

まず、レコード大賞の審査員が怪しい。テレビ画面で見る限り、おじいさんとおじさんばかりで、いかにも利害関係者といった様子。女性や若手を入れるべき。審査対象曲も不自然。AKB48 なんか、もっといい曲がたくさんあるのに、いつも地味な曲がノミネートされてかわいそう。

返信する
ここあ

うんうん、審査員は毎年発表がないかし本当に怪しいですよね。
完全に好みで左右されてる感あるし、幅広い年齢の男女で公平に意見を出し合うって必要だと私も思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です