僕の初恋をキミに捧ぐ4話ドラマ見逃しやあらすじネタバレ!たくまと繭と照ちゃんはどうなる?

僕キミこと『僕の初恋をキミに捧ぐ』は、青木琴美さん原作の少女漫画で、2009年には井上真央さんと岡田将生さんが主演で映画化になり大ヒットしました。

 

ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』第4話は、2月9日(土曜日)よる11時15分からテレビ朝日系列にて放送です。

 

今回は、ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』の話4の見逃し配信やあらすじのネタバレや主なキャストを中心に、物語をまとめていきたいと思います。

映画『僕キミ』を視聴する ドラマ『僕キミ』を視聴する

 

スポンサーリンク

 

僕の初恋をキミに捧ぐ第4話の予告と無料の見逃し配信期間

 

4話を見逃してしまった方、もう一度見逃し配信で見たい方は、ドラマ放送終了後から、2019年2月16日22:00 まで、テレ朝キャッチアップで無料配信しております。

 

映画『僕キミ』を視聴する ドラマ『僕キミ』を視聴する

 

僕の初恋をキミに捧ぐ第4話の主なキャスト

垣野内逞

(かきのうち たくま)

野村周平

幼少期から心臓病と戦っている

繭が好き

種田繭

(たねだ まゆ)

桜井日奈子

逞の幼なじみで主治医の娘

逞が好き

鈴谷昂

(すずや こう)

宮沢氷魚

紫堂高校の生徒会長

繭を姫と呼び気になる存在

鈴谷律

(すずや りつ)

佐藤寛太

昂の弟で逞と繭の同級生

種田穣

(たねだ みのる

生瀬勝久

繭の父

心臓外科医で逞の主治医

種田陵子

(たねだ りょうこ)

真飛聖

繭の母

キャリアウーマンで海外出張が多い

垣野内寛貴

(かきのうち ひろたか)

児嶋一哉

逞の父

垣野内えみ

(かきのうち えみ)

石田ひかり

逞の母

田村結子

(たむら ゆいこ)

矢作穂香

繭の同級生で弓道部員

野村聡美

(のむら さとみ)

福本莉子

繭の同級生で弓道部員

神尾耕太郎

(かみお こうたろう)

岐洲匠

昂の同級生で生徒会のメンバー

弓道部の部長も務めている

生田成美

(いくた なるみ)

富田健太郎

昂の同級生で生徒会のメンバー

五十嵐優実

(いがらし ゆみ)

松井愛莉

昂の同級生で想いを寄せている

上原照

(うえはら てる)

馬場ふみか

幼少期から心臓病と戦っている

逞が好き

 

スポンサーリンク

 

僕の初恋をキミに捧ぐ第4話あらすじネタバレ

垣野内逞(野村周平)、種田繭(桜井日奈子)、上原照(馬場ふみか)、鈴谷昂(宮沢氷魚)

 

絡み合う4角関係が終わりを迎えようとしています。

 

 

逞(たくま)は、『俺、照(てる)ちゃんとキスした』と言い繭(まゆ)に嘘をつぐが、照(てる)にキスをせがまれていた現場を目撃していたので信じ、クラスメイトに逞(たくま)に彼女ができたことを話してしまいます。

 

逞(たくま)の彼女が気になるクラスメイトたちは、みんなでお見舞いに行こうとするが、相手は病人なので、鈴谷律(佐藤寛太)、田村結子(矢作穂香)、野村聡美(福本莉子)の3名がクラス代表に選ばれ照(てる)の病室を訪れることに。

 

しかし、検査のため入院をしていた照(てる)は、場の空気が悪くなると仮病を使うようになっていました。

 

父の元を訪れていた繭(まゆ)は、看護師の検査に異常がなく仮病だったと話すのと聞くと照(てる)の病室を訪れ逞(たくま)のいる前で明かします。

 

仮病だと気づいていたが、逞(たくま)は、照(てる)をそのまま放って置くことができなかった。

 

自分の気持ちにケリをつけると決めた繭(まゆ)は、学校の屋上に逞(たくま)を呼び出し、昔よく行った高台の公園で待っていること、来なければもう追いかけたりせず諦めることを伝えます。

 

二十歳までしか生きれないという命のリミットを抱えている逞(たくま)は、繭(まゆ)を悲しませたくない気持ちを押し殺してきたが、大切な人を失う気持ちを誰よりもわかっている鈴谷律(佐藤寛太)から『お前と離れているよりは一緒の方が幸せなんじゃねえの』と言われ、目がさめるのでした。

 

自分の気持ちに素直になると決めた逞(たくま)は、けじめをつけるため、照(てる)の病室を訪れます。

 

お見舞いに来てくれたことを喜ぶ照(てる)に、逞(たくま)は気持ちを伝えようとするが、風にあたりたいと言われて屋上に行くことに。

 

逞(たくま)は彼氏にはなれないこと、照(てる)ちゃんの仮病にはもう付き合えないこと、繭(まゆ)が好きなことなど素直な気持ち伝えます。

 

逞(たくま)がいなければ生きていけないとすがる照(てる)に背を向け、繭(まゆ)のところに行こうとする逞(たくま)だったが、苦しそうな呼吸音が聞こえてきて思わず立ち止まり振り向くと、その視線の先には 照(てる)が胸を押さえて苦しむ姿が。

 

照(てる)は、そのまま病状が悪化し、この世を去ってしまいました。

 

一方、逞(たくま)を待つ繭(まゆ)の元には、昂(こう)が訪れ『俺のものになれ』と思いを伝えるが、あと1時間待つと言い、気づくと2時間が過ぎていた。

 

心の痛みを抑えられない繭(まゆ)は、『お願い忘れさせて。私を抱きしめて下さい。』と伝えると、昂(こう)は優しく抱きしめます。

 

その姿を見ていた逞(たくま)は、『雨が全てを押し流してくれたら良いのに…』と思うのでした。

 

 

翌日、律(りつ)に放課後どこか寄って行かないか誘われるが、逞(たくま)は『照ちゃんに会いに行く』と断り、照(てる)の葬儀に行くのでした。

 

その夜、逞(たくま)は『どうして照(てる)ちゃんを好きになれなかったのだろう。好きになれなかったんじゃない、俺は繭が(まゆ)のことが好きなんだ。』と自分の気持ちと向き合います。

 

繭(まゆ)は、照(てる)が突然の発作で亡くなり、その時ちょうど逞(たくま)がお見舞いに来ていたことを父親の種田穣(生瀬勝久)から聞かされると心配になり、逞(たくま)の家を訪れるが、母親の垣野内えみ(石田ひかり)に今はそっとしておいてほしいと言われ会わせてもらえず帰宅することに。

 

翌朝、通学路で待っていた繭(まゆ)は、逞(たくま)が遅れたけど高台の公園に来たことを知り、あと30分信じて待っていたらと思うのでした。

 

 

季節は変わり、逞(たくま)と繭(まゆ)は高校2年生に。

 

昂(こう)や五十嵐優実(松井愛莉)たちは大学に進学をした。

 

高校では文化祭の準備に追われており、クラスの出し物は繭(まゆ)考案の『メイド喫茶 秘密の花園』に決定。

 

放課後 文化祭の計画書をまとめるためにファミリーレストランにみんな集まったが、昂(こう)が繭(まゆ)を今度の土曜日にお泊りのドライブデート行かないかと誘いにやってきた。

 

昂(こう)は、逞(たくま)に止めるチャンスを与えるためにわざと繭(まゆ)と一緒にいる時を狙ったが、逞(たくま)は他の男とお泊りのドライブに行ってほしくないと思っていたが、言うことは出来なかった。

 

そして、繭(まゆ)は『行くな』って言って欲しいと思うのでした。

 

土曜日。

 

逞(たくま)と両親は、主治医の種田医師に病院に呼ばれ、心臓移植をそろそろ考えてみないかと提案をされます。

 

今すぐ移植が必要なわけではないが、今後症状が悪化していく可能性があるし、移植を希望して登録してもすぐに順番がまわってくるとも限らない。

 

その一方で上手く行けば、運動など好きな生活を送れることになる。

 

生きる希望を初めて感じた逞(たくま)は、一番に繭に話したいと思いと思っていると、律(りつ)から電話があり、昂(こう)が車で事故に遭遇したことを知らされます。

 

映画『僕キミ』を視聴する ドラマ『僕キミ』を視聴する

 

僕の初恋をキミに捧ぐ第4話の予告動画

 

スポンサーリンク

 

映画『僕キミ』を視聴する ドラマ『僕キミ』を視聴する

 

 

————————————————————————
本ページの情報は2019年1月時点のものです。

最新の配信状況は U-NEXTサイト

Huluの公式ホームページににてご確認ください。
————————————————————————

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です