山口真帆の暴行事件騒動をわかりやすく!これまでの経緯まとめ!

NGT48の山口真帆さんの暴行事件の騒動が、複雑になってきたので、分かりやすくまとめていきたいと思います。

山口さんは、ファンの男性に襲われましたが、犯行を命令した主犯が同じメンバーだったところから始まります。

 

処罰や処分をすると言ったのに、運営側が頑張って暴行の事実を隠蔽しようとしたので、山口さんが自ら公表しました。

 

今回は、これまでの騒動の経緯を時系列ごとにまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

2018年12月8日よる9時ころ事件発生

山口真帆さんの男性からの暴行事件が起きたのは、2018年12月8日夜9時ころ。

 

公演が終わり、帰新潟市内の自宅マンションに帰宅。

 

いつも通り廊下に誰もいないのを確認してから部屋のドアを開け、すぐに閉めようとした時に男性の手が出てきて、そのままこじ開けられてしまいました。

 

顔を捕まれて部屋の中に押し倒されそうになり、負けたら殺されるから絶対に負けてはいけないと思い、追い出そうと必死に抵抗。

 

しかし、もう少しで追い出せそうだった時に、向かいの部屋からもう1人男性が出現。

 

その男は、メンバーが住んでいた向かいの部屋から出てきて、最初の男に代わり顔を掴み、山口さんが助けを求めて叫ぶと口をふさがれ、そのまま部屋に閉じ込められて殺されるかと思ったそうです。

 

エレベーターの音が鳴り、男性の注意がそれた時に廊下へ逃げ出したが、怖くて足がすくんで逃げられず、警察に通報しようとしたが男に携帯を取り上げられるも、騒ぎを聞きつけた他のメンバーに助けられ、警察へ通報。

 

警察が到着するまで信頼できるメンバーに側にいてもらい、運営スタッフと一緒に犯人の証言を聞いていると、次々にメンバーの名前がでてきました。

 

事件後、運営は何も対処せず

山口真帆さんは、ファンの方にNGT48を嫌いになってほしくないし、お世話になってる人に迷惑をかけたくないと思ったため、口を紡いでおりました。

 

何より今村支配人たち運営スタッフが事件を全部対処してくれると信じていたので、報道でも事件が起きたのがNGTだということは伝えないようにお願いをすることに。

 

今村支配人は、警察からも事件に関与しているメンバーをのことも全て聞いており、クリーンなNGTにして、悪いことをしているメンバーを解雇すると言っていたので、山口さんは待つことにしました。

 

しかし、1ヶ月待ったが何も対処がなく、今村支配人は山口さんの被害妄想ということにして片付けようとしたそうです。

 

今村支配人に裏切られ、今後メンバーが同じ目に遭ってほしくないので、暴行事件事件から1ヶ月経過後に自分で告白することを決意しました。

 

スポンサーリンク

 

山口真帆が動画で号泣しSOS

山口真帆さんは、1月8日のにライブ配信動画サービス『SHOWROOM(ショールーム)』で号泣しながら事件の真相は話せないが、被害を受けたこを告白しました。

 

 

山口さんのSOSとも言える内容の、SHOWROOM配信が途中で途切れてしまいました。

 

知られたくない事実と、隠蔽したいと思っていた事件を発表されたので、運営側が急遽中断させたのではと言われております。

 

山口さんは体調を崩し近づける様子ではなくなり、心配したNGT48のメンバーの菅原りこさんはビデオ電話で話をしておりました。

 

菅原りこも休演!西潟茉莉奈のインスタにいいねを押す理由は犯人だから?

 

菅原りこも休演!西潟茉莉奈のインスタにいいねを押す理由は犯人だから?
NGT48の菅原りこさんが、1月12日に開催されるNGT48劇場3周年記念イベントに休演すると公演当日に発表がありました。 菅原さんは、西潟茉莉奈さんのインス...

 

今までとても悩み、1人で抱え込んでいたのだと思います。

 

菅原さんと楽しく会話をし、大好きなメンバーを守りたいという気持ちも強くなって、事件を告白する勇気が出せたのかなとも思いました。

 

山口真帆がツイッターで事件を明るみに

SHOWROOMの配信の翌日、2019年1月9日に山口真帆さんは自身のツイッターを使い、暴行を受けたことを告白しました。

 

 

最初のツイートでは、ファンの夢を壊したくないけど、同じ怖い目に合うメンバーが出てほしくないこと。

 

運営が何も対処をしてくれないので、自分が言わないと何も変わらないと思ったことを伝え、『私もできるなら1ヶ月前に戻って普通のアイドルでいたい。』切実な思いを告白。

 

みなさんの夢を壊すこと私も言いたくなかった。

だけど私が言わないと何も変わらないから。

他の子に私と同じ想いをしてほしくないから。

取り返しのつかなくなったらいけないから。

ごめんね。

もう言うしかなかった。

ごめんなさい。

私もできるなら1ヶ月前に戻って普通のアイドルでいたい。

 

その後『嘘だと思うなら疑っても構わない。』、『全部嘘だと信じたいけど事実。』、『真面目に頑張っている子が安心して安全に活動できなくなるのは嫌。』など事件に関わる内容をツイートしたのですが、削除されておりました。

 

自身で消したのか、運営によって削除されたのかはわかりませんが、続きの文は、今も山口さんのツイッターに残っております。

 

 

スポンサーリンク

 

ニュースで放送され国内に知れ渡る

ツイッターで告白後、同日の1月9日お昼ころには、山口真帆さんが受けた暴行事件はニュースで取り上げられ、日本国内に知れ渡ることになります。

 

 

犯人は、25歳の無職の男と、25歳の男子大学生25歳の2名のファン。

 

山口さんと話がしたかったが、大事になるとは思わなかったと供述し、暴行の容疑は否認しておりました。

 

NGT48運営側が騒動を告白

2019年1月10日、NGT48のオフィシャルホームページでは、山口真帆さんが襲われる一連の騒動についての報告が発表されました。

 

出展:https://ngt48.jp/より

 

この発表で、実行犯ではないが、この事件に関与していたファンの男1名が確認されました。

暴行事件に関わった3名の男達については、グループ内での公演、握手会、イベント等へは一切参加できない対応をすることを表明。

 

メンバーの事件への関連性においては、メンバーの1名が男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないももの、推測できるような帰宅時間を伝えてしまったことを確認したそうです。

全グループメンバーへの防犯ベルの支給し、各自宅への巡回等の対策を徹底するなど、これまで以上に再発防止策を講じるとともに、メンバーとの信頼関係を築き、精神的ケアをスタッフ一同全力で行っていく方針を発表しました。

 

ファンの間では、実行犯ではないが事件に関与したのは、稲岡龍之介で、自警団と結成し劇場や自宅の巡回を行っていると噂があります。

 

稲岡龍之介(いなぷぅさレモン)はTUTAYAとGEOで住所を入手して住居侵入も?自警団も結成!

 

稲岡龍之介(いなぷぅさレモン)はTUTAYAで住所入手?住居侵入も?自警団も結成!
山口真帆さんの暴行事件から、今まで闇に包まれていた事柄が明らかになってきていますね。 そして、事件に関与した疑いで稲岡龍之介の名前が上がってきましたが、...

 

スポンサーリンク

 

山口真帆が劇場で謝罪

また、1月10日には、新潟市内のNGT48劇場で『NGT48劇場三周年記念スペシャル公演』が行われました。

 

山口真帆さんは、劇場のステージ上でファンに謝罪をし、運営側と話し合いを行ったことや、今後もNGT48として活動していく決意を表明。

 

 

各メディアでも取り上げられることになり、昨年NGT48を卒業した元キャプテンの北原里英さんは、『あなたは謝る必要はありません。あやまらないで。』と自身のツイッターでメッセージを送っておりました。

 

 

世界各国へ行き届きコメントが殺到

山口真帆さんの暴行事件は、世界各国でニュースになり、イギリスやアメリカでも、なぜ本人が謝罪するのかなど大きく取り上げられました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

2018年12月8日よる9時ころ事件発生

山口真帆さんの男性からの暴行事件が起きたのは、2018年12月8日夜9時ころ。

 

公演が終わり、帰新潟市内の自宅マンションに帰宅。

 

いつも通り廊下に誰もいないのを確認してから部屋のドアを開け、すぐに閉めようとした時に男性の手が出てきて、そのままこじ開けられてしまいました。

 

顔を捕まれて部屋の中に押し倒されそうになり、負けたら殺されるから絶対に負けてはいけないと思い、追い出そうと必死に抵抗。

 

しかし、もう少しで追い出せそうだった時に、向かいの部屋からもう1人男性が出現。

 

その男は、メンバーが住んでいた向かいの部屋から出てきて、最初の男に代わり顔を掴み、山口さんが助けを求めて叫ぶと口をふさがれ、そのまま部屋に閉じ込められて殺されるかと思ったそうです。

 

エレベーターの音が鳴り、男性の注意がそれた時に廊下へ逃げ出したが、怖くて足がすくんで逃げられず、警察に通報しようとしたが男に携帯を取り上げられるも、騒ぎを聞きつけた他のメンバーに助けられ、警察へ通報。

 

警察が到着するまで信頼できるメンバーに側にいてもらい、運営スタッフと一緒に犯人の証言を聞いていると、次々にメンバーの名前がでてきました。

 

事件後、運営は何も対処せず

山口真帆さんは、ファンの方にNGT48を嫌いになってほしくないし、お世話になってる人に迷惑をかけたくないと思ったため、口を紡いでおりました。

 

何より今村支配人たち運営スタッフが事件を全部対処してくれると信じていたので、報道でも事件が起きたのがNGTだということは伝えないようにお願いをすることに。

 

今村支配人は、警察からも事件に関与しているメンバーをのことも全て聞いており、クリーンなNGTにして、悪いことをしているメンバーを解雇すると言っていたので、山口さんは待つことにしました。

 

しかし、1ヶ月待ったが何も対処がなく、今村支配人は山口さんの被害妄想ということにして片付けようとしたそうです。

 

今村支配人に裏切られ、今後メンバーが同じ目に遭ってほしくないので、暴行事件事件から1ヶ月経過後に自分で告白することを決意しました。

 

スポンサーリンク

 

山口真帆が動画で号泣しSOS

山口真帆さんは、1月8日のにライブ配信動画サービス『SHOWROOM(ショールーム)』で号泣しながら事件の真相は話せないが、被害を受けたこを告白しました。

 

 

山口さんのSOSとも言える内容の、SHOWROOM配信が途中で途切れてしまいました。

 

知られたくない事実と、隠蔽したいと思っていた事件を発表されたので、運営側が急遽中断させたのではと言われております。

 

山口さんは体調を崩し近づける様子ではなくなり、心配したNGT48のメンバーの菅原りこさんはビデオ電話で話をしておりました。

 

菅原りこも休演!西潟茉莉奈のインスタにいいねを押す理由は犯人だから?

 

菅原りこも休演!西潟茉莉奈のインスタにいいねを押す理由は犯人だから?
NGT48の菅原りこさんが、1月12日に開催されるNGT48劇場3周年記念イベントに休演すると公演当日に発表がありました。 菅原さんは、西潟茉莉奈さんのインス...

 

今までとても悩み、1人で抱え込んでいたのだと思います。

 

菅原さんと楽しく会話をし、大好きなメンバーを守りたいという気持ちも強くなって、事件を告白する勇気が出せたのかなとも思いました。

 

山口真帆がツイッターで事件を明るみに

SHOWROOMの配信の翌日、2019年1月9日に山口真帆さんは自身のツイッターを使い、暴行を受けたことを告白しました。

 

 

最初のツイートでは、ファンの夢を壊したくないけど、同じ怖い目に合うメンバーが出てほしくないこと。

 

運営が何も対処をしてくれないので、自分が言わないと何も変わらないと思ったことを伝え、『私もできるなら1ヶ月前に戻って普通のアイドルでいたい。』切実な思いを告白。

 

みなさんの夢を壊すこと私も言いたくなかった。

だけど私が言わないと何も変わらないから。

他の子に私と同じ想いをしてほしくないから。

取り返しのつかなくなったらいけないから。

ごめんね。

もう言うしかなかった。

ごめんなさい。

私もできるなら1ヶ月前に戻って普通のアイドルでいたい。

 

その後『嘘だと思うなら疑っても構わない。』、『全部嘘だと信じたいけど事実。』、『真面目に頑張っている子が安心して安全に活動できなくなるのは嫌。』など事件に関わる内容をツイートしたのですが、削除されておりました。

 

自身で消したのか、運営によって削除されたのかはわかりませんが、続きの文は、今も山口さんのツイッターに残っております。

 

 

スポンサーリンク

 

ニュースで放送され国内に知れ渡る

ツイッターで告白後、同日の1月9日お昼ころには、山口真帆さんが受けた暴行事件はニュースで取り上げられ、日本国内に知れ渡ることになります。

 

 

犯人は、25歳の無職の男と、25歳の男子大学生25歳の2名のファン。

 

山口さんと話がしたかったが、大事になるとは思わなかったと供述し、暴行の容疑は否認しておりました。

 

NGT48運営側が騒動を告白

2019年1月10日、NGT48のオフィシャルホームページでは、山口真帆さんが襲われる一連の騒動についての報告が発表されました。

 

 

この発表で、実行犯ではないが、この事件に関与していたファンの男1名が確認されました。

暴行事件に関わった3名の男達については、グループ内での公演、握手会、イベント等へは一切参加できない対応をすることを表明。

 

メンバーの事件への関連性においては、メンバーの1名が男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないももの、推測できるような帰宅時間を伝えてしまったことを確認したそうです。

全グループメンバーへの防犯ベルの支給し、各自宅への巡回等の対策を徹底するなど、これまで以上に再発防止策を講じるとともに、メンバーとの信頼関係を築き、精神的ケアをスタッフ一同全力で行っていく方針を発表しました。

 

ファンの間では、実行犯ではないが事件に関与したのは、稲岡龍之介で、自警団と結成し劇場や自宅の巡回を行っていると噂があります。

 

稲岡龍之介(いなぷぅさレモン)はTUTAYAとGEOで住所を入手して住居侵入も?自警団も結成!

 

稲岡龍之介(いなぷぅさレモン)はTUTAYAで住所入手?住居侵入も?自警団も結成!
山口真帆さんの暴行事件から、今まで闇に包まれていた事柄が明らかになってきていますね。 そして、事件に関与した疑いで稲岡龍之介の名前が上がってきましたが、...

 

スポンサーリンク

 

山口真帆が劇場で謝罪

また、1月10日には、新潟市内のNGT48劇場で『NGT48劇場三周年記念スペシャル公演』が行われました。

 

山口真帆さんは、劇場のステージ上でファンに謝罪をし、運営側と話し合いを行ったことや、今後もNGT48として活動していく決意を表明。

 

 

各メディアでも取り上げられることになり、昨年NGT48を卒業した元キャプテンの北原里英さんは、『あなたは謝る必要はありません。あやまらないで。』と自身のツイッターでメッセージを送っておりました。

 

 

世界各国へ行き届きコメントが殺到

山口真帆さんの暴行事件は、世界各国でニュースになり、イギリスやアメリカでも、なぜ本人が謝罪するのかなど大きく取り上げられました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

山口真帆の暴行騒動に関与したメンバーは

山口真帆さんは、『あるメンバーに公演の帰宅時間を教えられ、あるメンバーに家、部屋を教えられ、またあるメンバーは私の家に行けと犯人をそそのかしていました』と告白たことから、NGT48のメンバー内に、共犯者がいるのではと噂があります。

 

そして、暴行事件に関わったのは、SNSで山口さんがメンバーをフォローをしていないことから、太野彩香さん西潟茉莉奈さん加藤美南さん山田野絵さんの4名なのではと推測が始まりました。

 

 

しかし、加藤美南さんと山田野絵さんは、インスタグラムでフォローされていることから、事件とは関わりがない可能性もあります。

 

太野さんは、体調不良で休演もしているので、非常に疑いが強いのですが、NGT48の運営側は、未だメンバーの事件への関与は認めておりません。

 

山口真帆を襲った犯人は

山口真帆さんを襲い、逮捕された2名の男性は、新潟市内に住む25歳の無職の男と、25歳の男子大学生25歳と発表がありました。

 

25歳の男性犯人の2名は、北川丈と笠井宏明なのではと推測されております。

 

 

そして、実行犯ではないが事件に関与した男性1名のファンは、厄介ヲタクで出禁になった稲岡龍之介だと噂があります。

 

スポンサーリンク

 

支配人の交代

山口真帆さんの暴行事件が明るみになり、何も対処をしてくれなかったと言われた今村支配人に対する解雇の署名活動がネット上では行われておりました。

 

そして、2019年1月14日、NGT48のオフィシャルホームページでは、今村悦朗は解雇ではなく異動という形でNGT48の支配にを退くことが発表されました。

 

NGT48運営の新支配人には早川麻衣子さん、副支配人には岡田剛が採用。

 

全ての事情を把握している訳ではないので、まずは早急に山口真帆を始めメンバー1人1人としっかりと話しをし、事態の収集に努めていくことを表明しておりました。

 

まとめ

未だ闇を抱えているNGT48ですが、支配人が交代したことで、事件に関することが明るみになり、全てが一掃されるといいなと思いました。

 

今後誰一人傷つくこともなく、事件も起こらないことを願っております。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です