グッドドクター10話最終回のドラマ見逃しやあらすじネタバレ!伊代と司賀院長の命は?湊と瀬戸は恋人に?

 

 無料でグッド・ドクターを視聴する 

 

ドラマ『グッド・ドクター』第10話は、いよいよ最終話です。

 

9月13日(木曜日)よる10時からフジテレビ系列にて15分拡大して放送です。

 

第9話は伊代ちゃんと司賀が倒れてしまうし、高齢者向け療養施設の改正案が可決されたことにより小児外が年内でなくなることが決まってしまいました。

 

波乱の展開になるのでしょうか。

 

今回は、グッド・ドクター10話の見逃し配信やあらすじのネタバレを中心に、まとめていきたいと思います。

 

グッド・ドクターを視聴する

スポンサーリンク

 

グッド・ドクター 10話の予告と無料の見逃し配信期間

 

伊代の病状は、検査の結果深刻で、肝臓と小腸の同時移植が必要な状態でした。

 

しかし、役員が集まる会議では伊代の手術は反対され、そもそもドナーが見つかっていないことを指摘されます。

 

そんな時、川でキャンプをしていた少女が溺れて瀕死の状態で東郷記念病院に緊急搬送されてきます。

 

少女たちの命はどうなってしまうのでしょうか。

 

 

10話を見逃してしまった方、もう一度見逃し配信で見たい方は、ドラマ放送終了後から、2018年9月20日 20時59分までFODで無料配信しております。

 

グッド・ドクター10話を無料視聴する

 

グッド・ドクター第10話の主なキャスト

新堂 湊山﨑 賢人主人公で医師を目指す
瀬戸 夏美上野 樹里湊の指導医
高山 誠司藤木 直人小児外科のエース
間宮 啓介戸次 重幸小児外科長
橋口 太郎浜野 謙太看護師
盛岡 豊東根作寿英脳神経外科医
東郷 美智中村 ゆり理事長
司賀 明柄本 明院長
猪口隆之介板尾 創路副院長
森下 伊代松風 理咲湊の担当患者
森下 汐里松井 愛莉 伊代の姉
吉本 美咲古川 凛川で溺れた救命患者
吉本浩一郎近藤 公園美咲の父親
吉本 景子村川 絵梨美咲の母親

 

グッド・ドクターを視聴する

 

グッド・ドクター 10話あらずじネタバレ

病院改正案が可決される

東郷記念病院の理事会で高齢者向け療養施設への改正案が多数決により可決された。

 

可決されたことにより、産婦人科と小児科の廃止も決定された。

 

理事会には、小児外科から高山誠司(藤木直人)間宮啓介(戸次重幸)も出席しており所属している自身科の未来を知ってしまうのでした。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

司賀と伊代が倒れる

司賀明(柄本明)は、癌を患っており、ステージ4で肝臓や肺に転移がみられている状態だった。

 

新堂湊(山﨑賢人)に電話をかけるがすぐに切れてしまい、湊は院長室へ急ぐと司賀が倒れていた。

 

司賀は病室に運ばれ、湊は付き添っているのでが、司賀の病状を初めて知りショックを隠せずにいた。

 

その時、湊の担当患者森下伊代(松風理咲)が倒れたと連絡が入った。

司賀は、今心配するのは自分ではなく子どもたちだということを伝え、湊は伊代の病室へと急ぐのだった。

 

伊代は腸の移植をすることになっていたが、検査の結果肝硬変を患っていることが分かり、このまま放置すれば肝不全になり 命にも危険が迫るので、すぐに肝臓を移植する必要があった。

 

伊代を助けるためには、肝臓と小腸の同時移植以外にないのだが同時移植が、国内で実施された例は非常に少なく、高山にも経験がないし東郷記念病院でも行われたことがなかった。

 

小腸は、伊代の姉の森下汐里(松井愛莉)がドナーに決まっていたが、肝臓は脳死ドナーからの臓器提供を待つしかなかった。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

少女は脳死になってしまう

ER(救急救命室)から緊急患者の連絡が入った。

吉本美咲(古川凛)が川で溺れて心肺停止状態になってしまったのだ。

 

吉本家は、川原でキャンプをしていた。

 

吉本浩一郎(近藤公園)は、 仕事で忙しくて夏休みの間どこにも連れていってあげられなかった。

 

美咲はみんなでお出かけできることと、パパが作った焼きとおもろこしを食べることを楽しみにしていた。

 

美咲はお花が大好きで、川原で母親の吉本景子(村川絵梨)と遊んでいたが、昼食が出来上がりそうなことを知ると、もう少し遊びたがっている美咲を1人残して景子は浩一郎の手伝いに行くのだった。

 

楽しい一日になるはずだったが、目を離した間に美咲は川に流されてしまった。

 

美咲の心拍は再開したが、意識は戻らず自発的な呼吸ができない

 

脳にかなりの損傷があり、検査の結果、ほぼ脳死で間違いなく心臓もあと1週間ほどで停止してまうのだった。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

瀬戸の力になれて嬉しい

美咲の担当医の瀬戸夏美(上野樹里)は、残りの時間で両親と美咲のために何が出来るか考えていた。

 

できるだけ延命させてほしいといった願ったご家族。

最後に外の空気に触れさせたいといった願ったご家族。

そして、臓器提供することで誰かの役に立ってほしいと願った家族。

 

景子は、美咲の心臓はまだ動いているのに自分たちの手で止めろと言っているのかと怒りだし、担当を変えてほしいと申し出た。

 

美咲の担当は、湊がすることになった。

 

湊は、いつも助けてくれていた瀬戸の力になりたいとずっと思っていた。

 

そして、やっとなることができて喜ぶのだった。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

美咲のお誕生日

美咲は7歳の誕生日を迎えた。

 

湊は、美咲のためにたんぽぽの絵を描いてプレゼントをした。

 

小児科に入院している子どもたちは、病室に好きなものを飾っているので、美咲に喜んでもらいたくて大好きなお花絵を描いたのだった。

 

浩一郎は、どうしてこんなことをしてくれるのか疑問に思って湊を呼び出して尋ねてみた。

 

湊は、美咲に楽しんでもらいたいと思っていた。

 

きっと、お父さんとお母さんと悲しい時間を一緒に過ごすよりも、楽しい時間を一緒に過ごしたいと思っていることを伝えるのだった。

 

浩一郎と景子は湊にお願いして、美咲の誕生日会を病室で開催してもらいました。

 

瀬戸にも参加してほしいと要望があった。

 

浩一郎と景子は瀬戸が作った資料を読み、話し合って臓器移植をすることを伝えます。

 

美咲の体の一部がどこかで誰かの体の一部として生き続けてくれたら、来年も再来年も、ずっと誕生日を祝ってあげられると思ったと話すのでした。

 

そして、橋口太郎(浜野謙太)盛岡豊(東根作寿英)たち病院のスタッフも参加したいと美咲の病室を訪れ、大人数で美咲のパーティが行われるのでした。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

伊代のドナーが見つかる

臓器移植ネットワークから連絡があり、伊代に適合する臓器提供者が見つかった。

 

高山は役員が集まる会議で、明日 肝小腸同時移植手術を行わせてほしいとお願いをします。

 

しかし、小野寺は、執刀医に経験がなく東郷記念病院にも前例がないので、何度申し出ても行わないことと、手術は他の病院でしてもらうことをきっぱりと伝えるのでした。

 

しかし東郷は、伊代の手術を行うことを決断します。

 

小野寺は、そんなことをすれな融資の話は今すぐ打ち切ると脅すが、たった一人の命が救えるならこの病院がなくなっても構わないと話し、理事長である東郷が最終判断をくだしたのでした。

 

伊代は、ドナーは誰なのか尋ねるが、喋ってはいけない決まりだった。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

3つ同時に手術が始まる

美咲の臓器摘出手術は、瀬戸が執刀することになった。

 

臓器を摘出する前に、黙祷が始まる。

 

オペ室には、湊の描いたたんぽぽの絵が飾られていた。

 

汐里の小腸摘出は、間宮が執刀して無事に終わった。

 

そして、伊代の手術も始まり、高山が執刀する。

 

美咲から摘出した肝臓が高山のとことに届くと、伊代の肝臓摘出が始まった。

 

湊が美咲の肝臓を伊代のお腹に入れると、血流が再開したが、血流障害を起こしてしまう。

 

門脈がねじれており、このままだと壊死してしまう危険な状態だった。

 

湊が薬の副作用だと原因がわかり、アドレナリンを投与すれば助かることに気が付きます。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

伊代の移植手術は成功

伊代は目を覚ますと、手術は無事成功したことを知らされます。

 

看護師や瀬戸がお見舞いに病室を訪れ、祝福するのでした。

 

小腸の手術を受けた汐里も伊代と同じ病室の隣のベッドに寝ていて、伊代が目を覚ますと橋口がベッドを動かし伊予と汐里は手を取り合い喜びます。

 

伊代は、湊が担当医で本当によかったとお礼を伝えるのでした。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

吉本家に手紙が届く

美咲の臓器は全て予定通り無事に移植され、とても元気に動いているとの報告があった。

 

手術終了後、景子は美咲の髪を結んで整えてあげて、浩一郎も頭をなでてあげるのでした。

 

それからしばらくして、吉本家に手紙が届いた。

 

手紙を開けると、中にはまた手紙が入っていた。

 

差出人は伊代で、肝臓を提供してくれたドナーのご家族へ宛てた手紙だった。

 

伊代は毎日学校へ通えるようになり、今まで味わうことができなかった日常がどれほど素晴らしいものであるか、かみしめて毎日を過ごしていた。

 

小さいころから入退院を繰り返し、ほとんどの時間を病院で過ごしてきた伊代。

 

命を扱う現場で日々働いている看護師や医師をずっと間近で見てきて、命を救うために懸命に闘っている人たちはみんな素晴らしいと思っていました。

 

そして、そんな素晴らしい小児外科医になりたいと思うようになり、美咲がつないでくれた命をずっと大切にしながら、誰かの命を救える人になりたいと決意をするのでした。

 

浩一郎と景子は、美咲が伊代の中で元気に生きていることを知り、嬉しそうに手紙を読むのでした。

 

そして、仏壇に飾られている美咲の写真から見えるところには、湊がプレゼントしてくれたたんぽぽの絵が飾られているのでした。

 

グッド・ドクターを視聴する

 

白くない瀬戸のおにぎりも好き

湊は屋上で、木彫りのメスを見つめて胸をノックし、天国にいる兄と話をしていた。

 

そこへ、瀬戸が一緒お昼を食べようと持参して訪れます。

 

瀬戸は、最近おにぎりが好きになってきていました。

 

湊は、瀬戸からおにぎりをもらうが、好きなおにぎりでなないことを伝えます。

 

湊は、白くて海苔がついているおにぎりが好きなのです。

 

『うるさいなー。美味しいよ?試しに食べてみれば?』

 

湊は少し嫌そうに瀬戸のおにぎりを口に入れると、言われた通りとっても美味しかった。

 

『美味しい』と言われて瀬戸も嬉しそう。

 

湊と瀬戸は二人で屋上で一緒におにぎりをたべるのでした。

 

 

グッド・ドクターを視聴する

 

スポンサーリンク

SNS・ツイッター(Twitter)情報

 

 

グッド・ドクターを視聴する

 

感想・まとめ

毎週楽しみにしていたグッド・ドクターが、ついに最終回を迎えてしまいました。

 

美咲ちゃんは、川で遊んでいたら溺れてしまい、脳死になってしまいました。

 

心臓はまだ動いているから、生きている・死んでいるを判断するのは苦いですよね。

 

臓器移植の話をされた時に、『自分たちの手で心臓を止めろと言うのか』と言っていた言葉が忘れられないです。

 

美咲ちゃんの両親も、ついさっきまで元気だった愛娘が、突然の脳死という判定に現実が受け入れれることができませんでした。

 

伊代ちゃんのドナーには、美咲ちゃんがなったのですが、現実と向き合えるようになり『誰かの中で生き続けている』と思えたことに感動しました。

 

そして、湊が美咲ちゃんを生きている患者として扱い『今日は天気がよくて気持ちが良い』とか『どこか痛いところはありませんか』など話しけてあげるシーンにも感動しました。

 

命って本当に大事なんだなと、改めて思いました。

 

ところで、湊って医師として成長しましたよね。

 

初回の湊は、知識はあるけど人間の気持ちがわかっていませんでした。

 

その後もトラブルを起こし、保護者や医師たちから怒られたり煙たがられていましたよね。

 

最終回から丁度半分の5話までは、患者の保護者から『近づけるな』と言われておりました。

 

グッドドクター5話ドラマの見逃しとあらすじネタバレ!ソプラノ歌手の声は?
  無料でグッド・ドクターを視聴する  ドラマ『グッド・ドクター』第5話は、8月9日(木曜日)よる10時からフジテレビ系列にて放送です。 4話の...

 

今思うと、5話はターニングポイントだったのですね。

 

病院のイベントである合唱を成功させてたし

 

有名ソプラノ歌手が退院をしたら、テレビで紹介され湊の存在を知る人が増えました。

 

そして、高山は手術室には入るなと言われていたけど、瀬戸の説得もあり入れてもらえたし、画像診断科へ転科させることを止めました。

 

湊を見守ってきた司賀院長はこれから闘病生活が始まり、東郷記念病院も経営が立ち直って、高山先生と東郷理事長はよりを戻すのかな。

 

など、色々気になるところもありますが、一番は湊と瀬戸先生の関係です。

 

まだ出会ったばかりの頃は、立ち飲み居酒屋でおにぎりを2つ注文しても両方ぼくが食べると言っていたのに、今ではおにぎりやアイスを半分個にして食べることに幸せを感じていますよね。

 

韓国版のドラマでは、恋が芽生えたので、続編を密かに期待しております♪

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 グッド・ドクターを視聴する 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です