新紙幣はなぜ変わるの?肖像画のデザインがリアルすぎて怖いしヤダ!

新紙幣,外国紙幣,アラビア数字,デザイン,ダサい,キモい,偽造防止,外国人,リアルすぎる,リアル,肖像画がリアル,肖像画リアル,怖い,肖像画が怖い,肖像画怖い

2024年に、1万円札・5千円札・千円の紙幣が新しくなると発表がありました。

 

ところで、なぜ紙幣のデザインをわざわざ変えるのでしょうか。

 

政府が発表された新紙幣は、中国や韓国の通貨のように感じた方が多く、アラビア数字などのデザインが『ダサい』、『キモい』と言われております。

 

今回は、新紙幣について外国通貨のように感じるダサいところとキモいと感じるところの声をまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

新紙幣はなぜ変わるの?

 

2019年4月9日に、一万円・五千円・千円の紙幣を刷新すると、政府から発表がありました。

 

 

2019年5月から元号が『令和』になるため、紙幣の印字を変えるかためなのかなと思いましたが、現在のお札を確認してみると『日本銀行券』の印字はありますが、『平成』とは書かれておりません。

 

何で紙幣のデザインは変わるの?

 

紙幣のデザインの変更は、『偽造を防ぐ』ためです。

 

元号が変わることとは関係なく、そろそろ変更しなければと思っており、たまたま発表が重なったとのことでした。

 

そして、新紙幣が導入されるのは2024年からですが、現金自動預払機(ATM)や自動販売機などの改修や、紙幣のデザインを変更する対応なども必要になり、総額で『1兆2600億円の需要が見込まれる』と言われております。

 

新紙幣,麻生太郎,副総理,麻生,麻生副総理,新紙幣はなぜ変わる,肖像画,デザイン,肖像画のデザイン,肖像画が怖い,ダサイ,キモい

新紙幣の発行を決めたのは、安倍首相と麻生財務大臣

 

しかし、政府からは『経済効果までは期待していない』と主張し、あくまでも偽造防止だと主張しておりました。

 

紙幣が前回変更になったのは、2004年のことなので、約20年ぶりの刷新となりますが、今までも概ね20年ごとにデザインを変えてきたそうです。

 

 

一万円札:近代日本経済の父と呼ばれている渋沢栄一:東京駅

五千円札:女子教育の先駆者と呼ばれている津田梅子:花のフジ

 千円札:近代日本医学の父と呼ばれている北里柴三郎:富嶽三十六景

 

新紙幣の色合いやリアルな肖像画が怖くてヤダ!

新紙幣の肖像画についは、名前が国民から認められており、明治以降の顔写真が残っている文化人の中から選定するという選考基準がありました。

 

しかし、現在流通している紙幣と比べると、政府から発表された新紙幣の肖像画は、リアルすぎて怖いと思いませんか。

 

肖像画がリアルすぎるし色味が不気味

 

新紙幣の肖像画のデザインは、写真をそのままプリントしたような感じがありますが、偽造を防止するという観点から、『なるべく精巧な写真を使用する』ということも選考基準の一つだったため、リアルすぎる作りになってしまいました。

 

そして、小さい肖像画も印字してあり、ぼやっと浮き出ているのが何だか背後霊のようで怖さが…。

 

新紙幣をお財布に入れて持ち歩くなんて、考えただけでもヤダなと思っております。

 

中国紙幣,韓国紙幣,新紙幣,外国紙幣,アラビア数字,デザイン,

現在の紙幣は4枚だが2千円札は新しくならない。

 

新紙幣は、偽造防止のために角度を変えると模様も変化するホログラムが施されているとも発表があり、実際に見ていないので何とも言えないのですが、リアルな顔が動くとかホラーだと思いませんか。

 

さらに、偽造防止の一つである丸い模様のユーリオン色の配合が、カビのように見えてしまいキモいと思っている方もおります。

 

新紙幣のカラーは、全体的に淡い配色になっており、強調職色が使われいないためかぼやけた雰囲気も怖さを増しているのではと感じました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

【画像】新紙幣は中国や韓国のお札に似てる?

新しく紙幣になる日本銀行券のイメージ画像も公表されましたが、偽造の防止策に力を入れすぎて今までと雰囲気がとても変わり、何だか韓国や中国の紙幣に似ていると思いませんか。

 

中国紙幣,韓国紙幣,新紙幣,外国紙幣,アラビア数字,デザイン,ダサい,キモい,

ウォン:韓国紙幣

 

上の画像が韓国の通貨『ウォン』で、下の画像が中国の通貨『元』です。

 

中国紙幣,韓国紙幣,新紙幣,外国紙幣,アラビア数字,デザイン,ダサい,キモい,

元:中国紙幣

 

外国人にも使いやすいように考慮したようですが、デカい算用数字と、リアルな肖像画がそっくりで、一緒にお財布に入ってたら分からなくなりそう…。

 

 

さらにSNSを見ていると、新紙幣は『ダサい』、『キモい』と言われておりました。

 

新紙幣の算用数字のフォントがダサいしキモい

新紙幣のアラビア(算用)数字のフォントデザイン大きさなどが、『ダサい』『キモい』と話題になっております。

 

おもちゃのようなデザインでダサい!?

 

新紙幣は、表側のアラビア(算用)数字の印字が3枚とも位置が違うので並べると統一感がなくて気持ち悪さがあります。

 

1万円と1千円の『1』のフォントが異なるのも気になりまし、中央の数字は漢字の方が洗練あるカッコよさがあるのに、本当にダサいですよね。

 

それから、まるみのあるアラビア数字のフォントも、ダサいしキモいと言われておりますが、文字サイズがデカくて目立つのと『0』が並びすぎているので見づらさなどが関係していのではないかと思いました。

 

 

新紙幣の裏側のデザインはかっこいいのに、デカいアラビア数字が台無しにしていて残念です。

 

高級感が失われて、子どものおもちゃのような紙幣だと感じました。

 

スポンサーリンク

 

新紙幣はなぜ変わるの?肖像画のデザインがリアルすぎて怖い!ヤダ!

まとめ

新紙幣が変更になる理由は、偽造を防止するためでした。

 

概ね20年ごとに刷新されており、印刷やATMなどの機械の変更もあるため、使用から5年前の2019年に発表をしたそうです。

 

また、肖像画のデザインがリアルすぎて怖く、お財布に入れておくのもヤダなと感じましたが、偽造防止のために精巧な写真を使用する必要がありました。

 

偽造されないことは治安や平和を守ることにもつながるので、今から少しずつ慣れていきましょうね。(私も頑張ります)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です